このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第186回

AMDがリテールクーラーを更新! その強化具合をチェック

2016年02月11日 17時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax) 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDが新型リテールクーラーを発表した。その新型クーラー「Wraith Cooler」を入手できたので、今回はそのレビューをお届けしよう。

AMDロゴが光ってかっこいい新リテールクーラー「Wraith Cooler」

 だが、一部AMDファンにおいては「リテールクーラーの更新の前に、言うことがあるだろう」と思ったハズである。次期CPU“Zen”はいつ出るのか? である。

 まさかSocket AM3でWindowsのバージョンをひとつまたぐとは思ってもいなかったのは筆者もだが、GPUでもなく、APUでもなく、久しぶりのCPUに関するニュースが、リテールクーラーだったのは驚いた。

 新しいリテールクーラーは投入タイミングからすると、Zenにも採用されるのかな? とも判断できるので、Zen時代に備えてチェックしていきたい。

 ちなみに、AMDのCPUはリテールクーラー以外を使用すると保証対象外になる。たまには保証内で遊んでみたい。そんなパワーユーザーたちに、今回の新リテールクーラーWraith Coolerは強くオススメできる仕上がりだ。

旧リテールクーラーよりも大型化

 まずは、外観をチェックしていこう。Wraith Coolerは大型化しているが、旧リテールクーラーから引き続き、トップフロータイプになる。筆者が愛してやまないサイズ製CPUクーラー「グランド鎌クロス」シリーズのように、極端に大きいというわけではなく、そこそこの大きさだ。

 サイズはヒートパイプを含まない場合、104×95×79mm。両サイドに少しはみ出ているヒートパイプ×4を含む場合は104×115×79mmになる。

 自作PCファンからすると「すっごくミニマム」なサイズに感じるが、旧リテールクーラーからすると二回りほどサイズアップであり、並べてみるとけっこうインパクトがある。形状的な注意点としては、マザーボードのレイアウトによっては、メモリーと干渉する可能性があるくらいだろうか。

新リテールクーラーWraith Coolerが付属する、AMD FX 8370の新パッケージ
Wraith Cooler。旧リテールクーラーはCooler Master製だったが、今回は製造メーカーがわかるような情報は見当たらない。ただ、作りからするとCooler Masterっぽい底面には幅広の銅プレート。旧リテールも同様だが、厚みが異なり、Wraith Coolerは約3mm、旧リテールクーラーは約1.8mmと分厚くなっている
側面から見るとヒートパイプがはみ出しているワンアクションでがっちり固定できるレバーはとくに変更ナシ
こちらは従来のリテールクーラー新旧を比較すると、サイズ差がよくわかる

 外観的に大きな変化を生み出しているのものは、90mm角ファンだ。通電時にはAMDロゴが光り輝き、AMDファンであれば大喜びコースである(編注:油没冷却時の生存チェッカーにいいとも言ってました)。

 またAMDの資料によると、静音化と冷却性能に大きく寄与している存在でもある。このあたりは後述の検証結果からもよくわかる部分だ。

光るAMDロゴ光るAMDロゴのアップ。ドット模様がステキ
角度をつけると一気に目立たなくなってしまうケースのフロントをメッシュにしたくなる

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中