このページの本文へ

CES2016で発表された最新モデル

インテル、Cherry Trail搭載の新型スティックPC「Compute Stick(STK1AW32SC)」

2016年02月10日 07時00分更新

文● 佐藤 正人(Masato Sato)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
スティックPC「インテル Compute Stick(STK1AW32SC)」

 インテルは2月9日、クアッドコアのインテルAtomプロセッサーを搭載した最新PCスティック「Compute Stick(STK1AW32SC)」を2月10日より発売すると発表した。価格はオープン。

 1月のCES2016にて発表された、Cherry Trail搭載の新型スティックPC。既存のCompute Stickに比べて処理能力やグラフィック性能が向上したほか、Wi-FiやBluetoothとの接続性もアップしているのが特徴。さらにUSBポートも増設した。

 主な仕様として、搭載OSはWindows 10、CPUはAtom x5-Z8300(クアッドコア、1.44GHz)、メモリー2GB、ストレージ容量32GB eMMCという構成。本体サイズは、縦113x横38x厚さ12mm。

インテル インテル

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART