このページの本文へ

Just system「ATOK 2016 for Windows」

ユーザーの意図をくみ取る「ATOK 2016」が5日から発売に

2016年02月04日 23時34分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ジャストシステムの日本語入力システム「ATOK 2016 for Windows」の販売が5日(金)からスタートする。ラインナップは「ベーシック」と「プレミアム」の2モデル。ツクモパソコン本店では、PCおよびPCパーツ、OSとセット購入でお買い得なバンドル版の販売もある。

5日(金)から販売が始まるジャストシステムの日本語入力システム「ATOK 2016 for Windows」。従来通り「ベーシック」と「プレミアム」の2モデルが用意される

 「ATOK 2016 for Windows」は、場面に応じて必要な候補を切り換えて提示する機能や、入力ミスを的確に補正する機能など、ユーザーの意図をくみ取り、本来行ないたかった入力を効率的に行なえるよう強化されたのが特長。

 「ベーシック」の機能として、他の文書や同一文書内を参照しながら文字入力をする際、参照している間のみ自動的にその文書内のことばやフレーズを優先して変換候補や推測候補として提示する「ATOKインサイト」を搭載する。

 ほかにも母音の押し損ねやホームポジションからずれて入力した場合などでも、適切な訂正候補を提示し入力を支援する「ATOKタイプコレクト」、確定後のことばやホームページなど閲覧文書内のことばに対しても辞典検索できる「ATOKイミクル」を備える。

「ベーシック」はバンドル版なら3800円(税抜)で購入可能だ

 また、入力作業による疲労を軽減できるように、候補ウィンドウや辞典ウィンドウのデザインをすっきりと見やすく再設計。文字サイズも好みに合わせてより柔軟に変更可能だ。

 連続入力時間や入力文字数、入力ミス回数などから疲労度合いを測定し、休憩が必要と判断したときに、画面隅にポップアップ表示をして休憩のタイミングを知らせる「リフレッシュナビ」機能も備える。

全部入りの「プレミアム」。こちらはバンドル版価格が8800円(税抜)

 「プレミアム」では、「精選版日本国語大辞典」と、8年ぶりに大改訂された「ジーニアス英和辞典」、「ジーニアス和英辞典」を収録。

 変換中のことばからリアルタイム翻訳できる「8カ国語クラウド翻訳変換 for ATOK」や、Excel内の単語やフレーズを変換候補として表示する「ATOKダイレクト for Excel」も利用可能だ。

 対応OSは、Windows 10/8.1/Windows 7(Service Pack 1以上)/Windows Vista(Service Pack 2以上)。

 価格は「ベーシック」が7600円(税抜)、「プレミアム」が1万1800円(税抜)。ただしPCおよびPCパーツ、OSとセット購入が条件のバンドル版は、それぞれ3800円(税抜)、8800円(税抜)となっている。

先着順で購入特典のプレゼントもある

【取材協力】

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社