このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Surface史上最もパワフルな“持ち運べるデスクトップ”

Surface Bookついに発売! 特徴をあらためてチェック

2016年02月05日 09時00分更新

文● 鈴木誠史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
米国では2015年10月に発売した「Surface Book」が、ついに日本上陸だ

 日本マイクロソフトが2月4日から国内で販売を開始した「Surface Book」。米国では2015年10月の発売後、しばらく品薄状態が続いた人気機種だ。米国発表の際には、当サイトでも実機のレポートをいち早く掲載した。約半年遅れての国内発売とあって、待ちわびていたファンも多かったことだろう。

 Surface Bookは「Surface Pro 4」などと同じく「Surface」を冠する製品だが、見た目からして従来のSurfaceとは異なる。日本でSurface Bookが正式に登場したこともあり、改めてその特徴をチェックしてみたい。

Surface BookSurface Pro 4

“持ち運べるデスクトップ”を目指した GPU搭載2 in 1

 これまでのSurfaceが「(ノートPCとしても使える)タブレットPC」だとすれば、Surface Bookは「(タブレットPCとしても使える着脱式の)ノートPC」だ。Surface Pro 4のタイプカバー(キーボード)は別売だが、Surface Bookにはあらかじめキーボードドックが付属する。

キーストローク1.6mm、キーピッチ19mm(実測)とフルサイズキーボード並み

 このキーボードドックの内部に、GeForceベースのGPUを搭載しているのが特徴だ(下位モデルを除く)。またSurface Bookのバッテリー駆動時間は「動画再生 最大12時間」だが、これもキーボードドックに接続した場合。日本マイクロソフトはSurface Bookを「どのようなタスクにも対応する性能を備えた究極の一台」と表現しているが、その機能をフル活用するためにはキーボードを接続させる必要がある。

 つまりSurface Bookはクリエイター、ハイアマチュア、CAD設計などに向くGPU搭載のノートPCであり、「(機能は限られるが)時々はタブレットとしても利用したい」と考えるユーザーにとって最適なPCというわけだ。

キーボードドック内蔵のGPUとバッテリーの駆動は、ソフトウェア上の操作でオフにできる。また、アプリごとにGPUを有効/無効にする設定も可能だ

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART