このページの本文へ

最初から日本語!国内向け仕様のデュアルOSタブレット

2016年02月04日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 WindowsとAndroidのデュアルOSタブレットながら、“中華仕様”ではない7型タブレット「AWOS-0701」が店頭販売中だ。取り扱っているのはあきばお~零などのあきばお~各店で、価格は1万3880円(税抜)。

WindowsとAndroidの両方を搭載する、デュアルOSタブレットに国内向けモデルが店頭初登場。Λzichiブランドの7型モデルで、日本語化済み、国内保証ありで販売されている

 アキバではすっかりおなじみのデュアルOSタブレット。WindowsとAndroidの両方をスイッチして使える便利な仕様だが、中文版OSを搭載するのが定番で、やや敷居の高い玄人向けなガジェットだった。今回店頭に入荷したAWOS-0701は、国内メーカーが販売する国内向け仕様のモデル。最初から日本語環境で使用可能なほか、1年間の国内サポートを受けることができる。

 昨年から主にウェブ通販などで流通していた製品だが、アキバにおける店頭販売はおそらく初めてだ。

スペックはやや低めながら、日本語化などの手間が不要な点は嬉しい。それぞれのOS上からソフトやステータスバーを経由してスイッチする仕様で、製品には詳細なマニュアルも付属している

 搭載OSは、Windows 8.1 with BingとAndroid 4.4。ディスプレーは1024×600ドットの7型IPS液晶、プロセッサーはIntel Atom Z3735G、メモリー1GB、ストレージ32GBなどを実装。200万画素のメインカメラやmicroSDスロットを備えるほか、ネットワークはBluetooth 4.0と無線LANをサポートしている。

 ディスプレー解像度やメモリーなど、スペックはやや低めだが、特別な知識がなくともデュアルOSタブレットが使用できるため、中華仕様に二の足を踏んでいたユーザーには要チェックなモデルと言えそうだ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART