このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

山谷剛史の「アジアIT小話」 ― 第117回

親日のタイで日本発のネットサービスが浸透していた!

2016年02月04日 12時00分更新

文● 山谷剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
タイのショッピングモール内のキャリアショップ
タイのショッピングモール内のキャリアショップ

 親日と言われるタイ。タイはまた中国やベトナムなどと異なり、ITに限らず、多くの外国のモノを早くから受け入れていた国でもある。

 ネット関係ではSNSが人気で、その代表が「Facebook」や「Instagram」。Instagramはすごい人気で、たとえばバンコクの中心の「サイアム・パラゴン」前が、ニューヨークのタイムズスクエアと並んでもっとも投稿される場所となっている。

人口におけるSNS利用率 人口におけるSNS利用率

 過去には「Hi5」(ハイファイブ)という米国産のSNSが人気で、これがタイでのPC普及初期でのキラーサービスとなっていた。

 外国のサービスを取り入れる姿勢は、「真っ先に海外サービスを真似てリリースしてから独自色を出し、海外企業は入れさせない」という中国のIT業界とは真反対といっていい。

 親日国で外国歓迎であれば、日本のモノも受け入れる土壌がある。その筆頭が「LINE」で、日本や台湾と並んでメインのメッセンジャーとなっている。

LINE人気衰えず LinePayははじまったが普及はこれから
LINE人気衰えずLinePayははじまったが普及はこれから

 特にバンコクではLINEが起動したスマホ片手にメッセージを入力する人々をよく見かける。スタンプも人気だが、わざわざVPNを利用してまでも日本のスタンプをゲットしようとする人もいるのだとか。

 LINE以外にも、日本企業が絡んだECサイトが盛況だ。タイを代表するECサイトのひとつで楽天傘下の「(Rakuten) TARAD」や、トランスコスモスが提携する東南アジアナンバー1(そのうち85%がタイの利用者)の電子書籍ストア「Ookbee」がある。

タイで人気の電子書籍サイト「ookbee」。漫画は一冊100円程度 タイで人気の電子書籍サイト「ookbee」。漫画は一冊100円程度

 そのトランスコスモスはOokbeeと組んで、越境ECサイト「Ookbee mall」をスタートした。

 また、女性向け化粧品で人気のECサイト「cosmenet.in.th」(BuzzCommerce)や、おしゃれやかわいいをテーマにした女性向けウェブメディア「SistaCafe」(Donuts)も日系企業によるものだ。

Tokyo 7th シスターズ Tokyo 7th シスターズ

 ゲームでは、Donutsによるアイドル育成ゲームの「Tokyo 7th シスターズ(Donuts)」や、乙女ゲーム「IKEMEN(スフィア・グローカル)」や、「YUME100(IndexAsia)」が人気。タイ人(特に若者)は日本のコンテンツに長く触れていたことから、これらのゲームが受け入れられているのだろう。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART