このページの本文へ

アクシス製IPネットワークカメラ製品群を販売

「監視カメラの大規模化」ネットワン子会社がニーズに対応

2016年02月03日 12時00分更新

文● 川島弘之/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ネットワンパートナーズは2月3日、アクシスコミュニケーションズ製IPネットワークカメラ製品群を発売した。ニーズの高まる大規模・高性能な監視システムに適したICT基盤を一括して提供する。想定顧客は、商業施設・製造業・金融機関・自治体。

 従来の監視カメラは、カメラと録画専用機が直接接続されている形式や、敷地内でネットワーク接続された形式が大半だった。ところが近年、オフィスや店舗の防犯だけでなく、食品工場での安全対策、災害監視、東京五輪の開催などに伴い、ネットワーク越しに複数拠点を接続した大規模・高性能な監視システムへのニーズが高まっているという。

 アクシス製IPネットワークカメラ製品群は、機種のラインアップと機能のバリエーションが豊富で、屋内・屋外用の固定カメラ、ドーム型カメラ、パン・チルト・ズームが可能なカメラなど約200を超えるモデルを取り揃える。また、HD/4K解像度への対応や、動体検知・音声検知などの高度な映像解析機能も備えるため、さまざまな用途や環境に適応するという。

 ネットワンパートナーズはかねてより、IoT分野のフィジカルセキュリティソリューションとして、IPネットワークカメラ、広帯域なネットワーク、大量の映像データを保存するストレージ、拡張性・柔軟性の高い仮想サーバー、1万台以上のカメラに対応可能な映像管理ソフトなど、大規模な監視システムを実現するICT基盤を一括して提供している。

 IPネットワークカメラに関してはシスコ製品を取り扱っていたが、今回、アクシス社製IPネットワークカメラ製品群も選択肢に加えることで、導入する環境に適したカメラをより選びやすくする。

 そのほか、映像管理ソフトには、両社製品に対応し外部システムとの連携性も高い「Cisco Video Surveillance Manager」、ジェネテック製の統合型セキュリティプラットフォーム「Security Center」、アロバ製の映像プラットフォームソフト「アロバビュー」を提供。

 さらには、パートナー企業のソリューションと組み合わせ、行動分析などの様々なマーケティングへと用途を広げるとしている。以下は具体例。

  • 入退室の確認・勤怠データ管理などの他システム連携
  • 来店者の自動車ナンバーの認識など、リアルタイム画像処理による顧客満足度向上
  • 来店者・従業員の導線状況など、行動分析による生産性向上
  • 来店者の属性分析とPOSデータ連携による、小売店舗の販売状況可視化

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ