このページの本文へ

履歴よりもカンタン!

iPhoneで間違えて閉じたタブをすぐに開き直すには?

2016年02月11日 18時00分更新

文● つばさ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
iOSの標準ブラウザー「Safari」の便利なタブ機能

 みなさん、こんにちは。つばさです。

 iOSの標準ブラウザー「Safari」にはいくつものページを同時に開いておけるタブ機能があります。別のサイトやページを切り替えて閲覧できるので便利ですが、タブを開きすぎると、目的のタブがどこへいったのかわかりにくくなったり、誤って閉じてしまったりしませんか?

タブをいくつも開いておけます

 タブの閉じ方はみなさんご存知の通り、右下のタブ切り替えアイコンをタップして、左に向かってスワイプ。

切り替え画面で左側に向かってスワイプすると閉じますが……

 たったいま閉じたタブをもう一度開きたい場合は、タブ切り替え画面の状態で、「+」の新規タブアイコンをロングタップします。

新規タブアイコンをロングタップすると、閉じたタブ一覧が表示され、もう一度開けます

 こうすると、「最近閉じたタブ」が一覧表示されるため、タップすれば閉じたタブが開かれます。誤って閉じてしまった場合など、意外に役立ちますよ!


■まとめて読みたい方はこちら
iPhoneとiPadで使える超便利Tips集

■つばさが紹介したiPhoneテクニックが動画になりました
iPhone使い方講座

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください