このページの本文へ

ついにここまで! SanDisk製1TB SSDが週末特価で3万円割れ!

2016年01月28日 22時52分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 大容量系の2.5インチSerial ATA対応SSDの価格下落が加速している。先週末、税抜きながら3万円を切った960Gモデルが登場したが、今度は税込3万円割れの1TBモデルが週末限定で販売予定だ。

税込3万円割れの1TBモデルが週末限定で登場。しかも人気ブランドSanDiskの製品だ

 特価販売を予定しているのはパソコンハウス東映、テクノハウス東映、東映ランド、東映無線ラジオデパート店の4店舗。29日(金)より、SanDisk製「X300」シリーズの容量1TBモデル「SD7SB7S-010T-1122」を税込2万9800円で販売する。なお、各ショップとも個数限定で購入は1人1台まで。

 「X300」シリーズは、1Ynm世代のTLC NANDフラッシュをベースにするSSD。主なスペックは、最大転送速度がシーケンシャルリード530MB/sec、同ライト470MB/sec、ランダムリード9万4000IOPS、同ライト7万IOPSというスペックだ。

どこまで下がる大容量系SSD。在庫はあまり余裕がある個数ではなさそうだ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中