このページの本文へ

クラッシュ率が大幅に低下

グーグル、最新のiOS版「Chrome」にWKWebViewを採用

2016年01月28日 17時06分更新

文● 佐藤 正人(Masato Sato)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
iOS向けブラウザー「Chrome」がアップデート

 グーグルは1月27日(現地時間)、iOS向けのブラウザーアプリ「Chrome」のアップデート内容を公表した。今回のアップデートでは、レンダリングエンジンを「UIWebView」から「WKWebView」に変更したことで、さらに安定して動作するようになり高速化も実現したという。WKWebViewは、アップルがiOS 8のSafariで採用しているものと同じレンダリングエンジンだ。

 グーグルによると、最新バージョンのChromeではクラッシュ率が70%低下し、JavaScriptの実行速度も大幅に改善しているとのこと。このほか新しいタブページのアイコンデザインが変更され、Spotlightとの連携も追加された。

クラッシュ率が低下

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中