このページの本文へ

金属筐体で高性能なファーウェイの新ミドルハイ「GR5」は税抜3万4800円!

2016年01月28日 14時45分更新

文● オカモト/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ファーウェイ・ジャパンは、5.5型フルHD液晶や金属筐体、指紋センサーなど高い性能を持ちながら、税抜3万4800円と高いコストパフォーマンスが特長となる新ミドルレンジモデル「HUAWEI GR5」を2月12日に発売する。価格は税抜3万4800円。

カラバリはゴールド、シルバー、グレー

フラグシップ機に近い性能とデザインにもかかわらず
3万円代半ばとお手頃な価格が最大の魅力

 ファーウェイは昨年12月に「HUAWEI Mate S」を国内発売、CES 2016では「HUAWEI Mate 8」を発表と、次々にフラグシップスマホをリリースしているが、HUAWEI GR5はデザイン/機能的にそのライン上にありつつも、お買い得な価格で販売されるモデルとなる。同社では学生や若い世代の新生活のパートナーに適しているとアピールしている。

 主なスペックは、フルHD解像度(1080×1920ドット)の5.5型IPS液晶、オクタコアのSnapdragon 616(1.5GHz+1.2GHz)、2GBメモリー、16GBストレージ(microSD追加可能)、3000mAhバッテリー、Android 5.1など。LTEの対応周波数はバンド1/3/5/7/8/19/40、3G(W-CDMA)はバンド1/5/6/8/19。

 カメラも強力でリアには1300万画素センサーを搭載し、レンズのF値は2.0。インカメラは500万画素(F値2.4)。生体認証はHUAWEI Mate Sと同様に「指紋センサー2.0」を搭載。スリープ状態でタッチするだけで0.5秒で指紋を認識。スリープとロックが両方解除され、利用可能な状態になるほか、上下スワイプで通知領域の開閉、カメラ利用時に長めのタッチで写真撮影など、認証以外の機能も利用できる。

 また本体もアルミ・マグネシウム合金を用いたメタルボディーを採用。背面にはヘアライン加工が施されている。カラバリはゴールド、シルバー、グレーの3色。

「HUAWEI GR5」の主なスペック
ディスプレー 5.5型液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約76.3×151.3×8.15mm
重量 約158g
CPU Snapdragon 616
1.5GHz+1.2GHz(オクタコア)
メモリー 2GB
ストレージ 16GB
外部ストレージ microSDXC(最大128GB)
最大通信速度 下り最大150Mbps
対応ネットワーク FD-LTE:1/3/5/7/8/19/40
W-CDMA:バンド1/5/6/8/19
4バンドGSM
OS Android 5.1
カメラ画素数 リア:1300万画素/イン:500万画素
バッテリー容量 3000mAh
SIM形状 microSIM
カラバリ ゴールド、シルバー、グレー
価格(税抜) 3万4800円

カテゴリートップへ