このページの本文へ

日本こそがインテル RealSenseの最先端地域!? NECPCがハッカソン開催

2016年01月28日 06時00分更新

文● ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NECパーソナルコンピュータが、「Intel RealSenseテクノロジー」をテーマにした”ハッカソン”「HIGH TOUCH PROJECT インテル RealSenseテクノロジー Hackathon」を実施、その授賞式を公開した。開催場所は、クリエイティブスペース「FabCafe MTRL」(ファブカフェ マテリアル)を利用した本格的なもので、約25名が参加していた。ハッカソンとは、エンジニアさんやデザイナーさん、プランナーさんなど(主に)ソフトウェア開発に関する専門家が集まって、短期集中でテーマに沿った開発を行なうといったイベント。1日限りのものもあれば、1週間程度にわたって開催されるものもある。

 NECパーソナルコンピュータが突如そんなイベントを催した理由は、2月25日発売予定の11.6型「LAVIE Hybrid ZERO」(HZ300/DA)がきっかけ。HZ300/DAは背面に3Dカメラ「Intel RealSenseカメラ」を搭載しており、今回のハッカソンではまさにこのテクノロジーを使い新しいユーザー体験を創造するというテーマが採用されている。「Intel RealSenseテクノロジー」は表情認識、ジェスチャー認識、3Dスキャン、音声認識など様々な機能を備えており、デバイスの特性を活かしたソフトウェアのプロトタイプの作成が求められたのだ。イベント全体の流れは、2016年1月16日にアイディア出し(アイディエーション)を行ない、アイディアに沿ったチーム編成を実施。各チームはここからプロトタイピングを実行開始。2日目は授賞式のあった1月23日で、プロトタイピングの続きおよび各チームによるプレゼン、審査員による審査が行なわれた。

NECパーソナルコンピュータの「LAVIE Hybrid ZERO」シリーズ。2月25日発売予定の11.6型「LAVIE Hybrid ZERO」(HZ300/DA)は、背面に3Dカメラ「Intel RealSenseカメラ」を搭載している
1日目の2016年1月16日は、参加者がそれぞれアイディア出し(アイディエーション)を行ない、アイディアに沿ってチーム編成を実施
参加者は学生とは限らず、社会人は多い。審査・授賞式のあった1月23日まで、勤務先の業務の終了後、「FabCafe MTRL」に立ち寄ってハッカソン用の開発を行なうという方もいたという
審査員の方々。左から竹内康人氏(インテル株式会社 技術本部 ソフトウェア技術統括部)、Michael Campbell氏(NEC Lenovo Japan Group Product Group Director)、山下敏嗣氏(NECパーソナルコンピュータ株式会社 商品企画本部 本部長)、中村薫氏(Tokyo Motioncontorol Network テクニカルエバンジェリスト)、住友滋氏(株式会社コンセラクス 代表取締役/キュレーションズ株式会社 取締役副会長/amadana株式会社 顧問)、林千晶氏(株式会社ロフトワーク 代表取締役)

 審査員による評価方法は、「ビジネスおよび実用面」「技術面」「独創性・アイディア」の3点をみるもので、これらすべての評価が高いソフトウェアが「GRAND PRISE」(総合優勝)となった。また、NECパーソナルコンピュータによる「NECPC PRISE」、インテルによる「Intel PRISE」、ロフトワークによる「Loftwork PRISE」が用意されていた。主催者であるNECパーソナルコンピュータの商品企画本部 コンシューマ商品企画部 森部浩至氏は、優れたソフトウェアに対して開発を支援し、実際にアプリケーションのリリースまでサポートを行なうとしていた。

NECパーソナルコンピュータの商品企画本部 コンシューマ商品企画部 森部浩至氏

「GRAND PRISE」は「Magical Mirror」

 「GRAND PRISE」に見事輝いたのは、チーム「Oniyammma」(石田さん、後藤さん、前本さん)による「Magical Mirror」。

「GRAND PRISE」に見事輝いた「Magical Mirror」。Unityちゃんが登場
チーム「Oniyammma」の皆さん

 「Magical Mirror」は、"玄関に置かれた鏡"のように、ドアなどに貼り付けた「Intel RealSenseテクノロジー」対応タブレットをイメージしたもの。出かける時や帰宅した時の表情を写真アルバムとして自動的に残せるほか、外出前に天気予報表示などを行なえる。また、表情をユーザーの気分を表すものとして部屋の照明(Hue)に反映させたり、今回は開発が間に合わなかったが、顔認識で家族を識別した上でのロギングも想定していた。iOSアプリなどを使って、他の家族の様子も確認できることも考慮していた。

話しかけると、音声認識により画面上のキャラクターが反応天気予報も知らせてくれる。画面右端の黄色い円は、晴れている状態(太陽)を意味している
ユーザーの表情を認識して、画面の表示が変わる。にこやかな場合(写真左)は緑色の表示になり、しかめっ面(写真右)の場合は赤色に変わる
ユーザーが話しかけている様子の画像などがすべてログとして記録されている
 

 フロント側については、Unityを利用して「Intel RealSenseテクノロジー」の機能を活用。キャラクター類の映像表示、ジェスチャーや顔、音声の認識を行なっている。ロギングなどバックグラウンドは「Node.js」+MVCフレームワーク「Express」+「mongoDB」を利用。SVM(Support Vector Machine/機械学習)による人物認識については、まさに実装中とのことだった。

「NECPC PRISE」「Intel PRISE」をダブル受賞した「Swipy」

 扇谷さん、岡本さん、金田さん、堀川さんの手による「Swipy」が、なんと「NECPC PRISE」「Intel PRISE」をダブル受賞した。技術面、ビジネスおよび実用面の両方から高く評価され、「Intel RealSenseテクノロジー」の特徴を活かしている点も受賞理由となっていた。

 「Swipy」は、「Intel RealSenseテクノロジー」で対象ユーザーの顔をスキャンし、顔の3Dデータを生成。メガネフレームのデータベースから、そのユーザーに似合うメガネをサーチし、バーチャルでメガネを試着できるというソフトウェア。かけているメガネをジェスチャー操作で切り替えたり、メガネフレームの種類を選択可能。似合うメガネを見つけるロジックとして、メガネフレームと顔の縦幅(眉、顎までの距離など)といった複数の要素をスコアリングして、対象ユーザーに似合っているかどうかを判断する。

「Swipy」。対象ユーザーの顔の3Dデータを生成後、似合うメガネを探し出してくれる。画面上で、そのメガネを試着できるのだ
「NECPC PRISE」「Intel PRISE」ダブル受賞を果たした。技術面、ビジネスおよび実用面の両方から高く評価され、「Intel RealSenseテクノロジー」の特徴を活かしている点も受賞理由となっていた

「Loftwork PRISE」は「Rapsense」「3Dスナップ」の2作品

 「Loftwork PRISE」は、「Rapsense」「3Dスナップ」の2作品が獲得。「Rapsense」は鍛さん、斎藤さん、堀之内さん、若狭さんのチームによるもので、「3Dスナップ」はサムさん、武井さん、松山さん、矢作さんが手がけた。

 「Rapsense」は、”ラップ”をベースとしたエンターテインメントソフト。表示される歌詞の一部が空欄になっており、他部分に合わせ"韻"を踏んだ歌詞を歌っていくというもの。プレイヤーふたりによる対戦形式になっており、歌った歌詞はオープンソースの音声認識エンジン「Julius」により認識される。韻を踏んでいるかどうかの採点機能も別途自作したという。また、「Intel RealSenseテクノロジー」を利用して、手の形と動きで様々なエフェクトを表示させることも可能だ。

「Rapsense」は、”ラップ”をベースとしたエンターテインメントソフト。今回最も笑いが起こっていたかも!?
「Rapsense」は、オープンソースの汎用大語彙連続音声認識エンジン「Julius」も利用。自作の辞書ファイルを用意したほか、センテンスの分割ソフトも自作。また、加速度と指の位置を用いてジェスチャー判定を行なっている

 「3Dスナップ」は、手の形(輪郭)を"影絵"として認識させて撮影し、厚みを持たせたデータ(3Dデータ)を生成できるというもの。「Intel RealSenseテクノロジー」の性能を活かした、子供向け知育ソフトといった雰囲気だ。手の形状の認識およびデータ化を行ない、3Dプリンターによって出力できるようにしていた。次のステップとして360度スキャンや変形機能、3Dプリンターとの連携などを挙げていた。

「3Dスナップ」。子供向けということで、GUIデザインも子供の反応を引き出せそうな楽しげな雰囲気
作成したデータを3Dプリンターで出力したものも公開

 また今回は受賞はならなかったものの、「Voice-it」「クレイジープレゼン」も興味深いものだった。「Voice-it」は、音声認識したキーワードをリアルタイムで表示させるというブレインストーミング用ソフトで、音声認識を活用することでキーボードによる文字入力の煩雑さをなくし、ブレインストーミングのさらなる効率化とスピードアップを狙ったもの。認識されたキーワードは、データとして保存できるのはもちろん、自在に整理できる。「クレイジープレゼン」は、PDFデータを読み込めるUnityベースのプレゼンソフト。ジェスチャーによるページ移動が可能な上、指で示した場所をエフェクトで強調するという演出も可能だった。

「Voice-it」は音声認識したキーワードをリアルタイムで表示させるというブレインストーミング用ソフト。企業チーム(グッドパッチ)として参加していた
「クレイジープレゼン」は、PDFデータを読み込めるUnityベースのプレゼンソフト。企業チーム(ウィンクル)として参加し、作成
最後に参加者、審査員ともに記念撮影

NEC Direct(NECダイレクト)

NEC Direct(NECダイレクト)


■関連サイト

カテゴリートップへ

NEC Direct(NECダイレクト)
キャンペーン情報
  • NEC Direct(NECダイレクト)
  • NEC Direct(NECダイレクト)
NECラインアップ
  • NEC Direct(NECダイレクト)
  • NEC Direct(NECダイレクト)
  • NEC Direct(NECダイレクト)
  • NEC Direct(NECダイレクト)
  • NEC Direct(NECダイレクト)
  • NEC Direct(NECダイレクト)
  • NEC Direct(NECダイレクト)
  • NEC Direct(NECダイレクト)
  • NEC Direct(NECダイレクト)
  • NEC Direct(NECダイレクト)
インテル(R) Core(TM) i7プロセッサー