このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 ― 第364回

7年前から狙っていた腕時計「ユンハンス クロノスコープ」を衝動買い!

2016年01月27日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
オリジナルモデルはキッチンタイマーを元に1962年に製造された機械式腕時計だ
マックス・ビル デザイン「クロノスコープ」のオリジナルモデルは、キッチンタイマーを元に1962年に製造された機械式腕時計だ

 一部のメディアの報道では、昨今、若年層の腕時計離れは凄まじいらしい。これは一人一台のスマホの普及が最大要因のように解釈されているが本当にそうだろうか?

 腕時計を現在時刻を理解したり、今後のスケジュールを考える基本材料にだけ使うならそうかもしれないが、どうもそれだけではなさそうだ。

 やはり一番の理由は、スマホなどの普及をきっかけとして腕時計市場全体が縮小したこと。その結果、商品の提供者側が十分な利益の確保できる高級腕時計志向に偏ったこと。

 そのことから、安価な商品のバリエーションが減り、安価な腕時計に魅力的な商品が少なくなったことが原因ではないだろうか。

 しかし、海外からの輸入品が大半の国内高級腕時計市場では、中国本土からの“ホンモノ爆買い顧客”の影響を受け、ますます高級志向となり、ブランド腕時計の価格は急激に高騰し、ごく普通の消費者のまったく手の届かないセレブ世界の商品になってしまった。

 国内市場で積極的に腕時計をもう一度販売拡大しようとする、ごく一部のベンチャー的腕時計提供会社以外は、国内市場は中国市場向け商品のサブマーケットと考えているのかもしれないし、すでに国内腕時計市場に興味を失っているのかもしれない。

 優秀な技術と伝統があり、過去には膨大なマーケットのあった日本国内市場だけに残念だ。

 筆者は、爆買いセレブ市場向けの100万円以上の高級腕時計と“コスパ命”の若年層にターゲットを絞った昨今人気の2万円前後の安価な腕時計を除いた、価格帯に本来の腕時計らしい価値ある商品が存在すると考えている。

 中でも10~35万円クラスの腕時計には極めて優秀で一生持つにふさわしい国際的にも価値のある腕時計がいくつか存在している。

 そんなバリューウォッチの中でも今回、筆者はドイツ腕時計の真髄とも言えるユンハンス(Junghans)の「クロノスコープ」を衝動買いしてしまった。衝動買いとは言え、実は7年ほど前に欲しいと思いはじめた製品だ。

ついに購入した「Max Bill By Junghans Chronoscope」

パッケージもドイツ腕時計らしく、華美にならずシンプルで機能的なイメージだ パッケージもドイツ腕時計らしく、華美にならずシンプルで機能的なイメージだ

 その気持がより固まったのは、実は一昨年の末に都内で行なわれた「マックス・ビルの会」でデザイナーの向井周太郎さんに久しぶりにお目にかかった時だった。

 向井周太郎さんは、ウルム造形大学にてマックス・ビルに学ばれ、その日は腕にマックス・ビルのデザインした極めてシンプルな腕時計をされていたのだった。

 バウハウスの理念でもある「機能主義的造形」を具現化したマックス・ビルの腕時計は、多くの腕時計メーカーから多くの商品が提供されている腕時計の中にあっても、極めて明確な違いを感じることができる古くて新しい腕時計だ。

 そして、その後1年ほどは、腕時計屋さんを訪問すれば必ずユンハンスのコーナーを見ていた。

背面の引き出しに取説や保証書、クリーニングクロスなどが入っている 背面の引き出しに取説や保証書、クリーニングクロスなどが入っている
ステンレススティール・ミラネーゼブレスレットのおかげでより機能的に見える
ステンレススティール・ミラネーゼブレスレットのおかげでより機能的に見える

 そんな筆者が7年かけて衝動買いしたユンハンスのマックス・ビル デザインの腕時計(品番:027 4500 45)は、自動巻きでシンプルながらクロノグラフ機能を搭載した「クロノスコープ」のブラックモデルでミラネーゼブレスレットの商品だ。

 マックス・ビル デザインの腕時計はもっともシンプルな3針腕時計からクロノグラフまで、機能と文字盤、マーカーインデックスのデザインやブレスレットの色や素材の違いで全部で約50種類ほどのモデルが存在する。

最近人気の国産腕時計「Knot」(左)もブラウン(右)マックス・ビル(中央)に通じる機能優先のミニマルデザインが特徴だ
最近人気の国産腕時計「Knot」(左)もブラウン(右)マックス・ビル(中央)に通じる機能優先のミニマルデザインが特徴だ

 国内でも流通をシンプルにすることで低価格を実現したKnot腕時計も機能最優先で、それを極めてシンプルなデザインで補強している流行のミニマルプロダクトだ。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART