このページの本文へ

新製品の正式販売前に消費者の反応を検証できる

クラウドファンディングの企業版「Makuake Enterprise」始動

2016年01月27日 06時00分更新

文● 川島弘之/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイバーエージェント・クラウドファンディングは1月25日、クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」にて、企業向けの新製品開発サポートプログラム「Makuake Enterprise」を開始した。

 クラウドファンディングにおける企業向けプログラム。これまで1000件以上のプロジェクトをサポートしてきた「Makuake」の実績を基に、プロジェクトの戦略立案、製品が魅力的に伝わるプロジェクトページの作成、プロジェクト支援者へのインタビューを含むマーケティングレポートの作成などを行う。

 企業は「Makuake Enterprise」を活用することで、新製品の正式販売前に消費者の反応を検証することができるほか、プロジェクト支援者と直接接点を持つことで顧客に向き合った製品開発が可能になるという。

 サイバーエージェント・クラウドファンディングによれば、「Makuakeにおいて、ソニーやデンソーなどの大手企業をはじめ、日本全国の中小企業が、新製品の発売前にクラウドファンディングを活用して消費者のニーズを把握し販売戦略を立てるといった事例が増えていたため、今回、正式に企業向けプログラムを開始した」とのこと。

カテゴリートップへ

ピックアップ