このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団 ― 第64回

履歴メニューが追加された

Windows 10最新ビルド「11102」リリース、Edgeが改善された

2016年01月27日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

Edgeの戻る/進むボタンを右クリックすると、履歴メニューが表示される

監視報告
最新ビルド「11102」リリース、Edgeが改善された

 1月21日、FastRing向けに新ビルドがリリースされた。1月13日にビルド11099がリリースされた(第63回「Windows 10 Insider Previewの進化が止まった?」参照)のに、もうビルド11102が登場したのだ。ナンバーが3つしか増えていないことからもわかるように、今回もそれほど大きな違いはない。

履歴メニューの「History」をクリックすると、右側の「履歴」ウィンドウが開く

 新機能としてWindowsブログで発表されたのは、Microsoft Edgeの履歴メニュー。Internet Explorerには元からある機能で、ブラウザの「戻る」「進む」ボタンを右クリックすることで、履歴メニューが現れるというものだ。便利と言えば便利だが、もうちょっとペースを上げて大きく改良して欲しいところだ。

アクションセンターに「接続」が表示されなくなる不具合が報告されている

 同時に既知の問題もいくつか報告されている。Windowsグラフィックススタックのバグにより、ゲーム起動時などの解像度変更時やウィンドウモードの切り替え時にクラッシュするというものだ。「Witcher 3」や「Fallout 4」「Tomb Raider」「Assassin’s Creed」「Metal Gear Solid V」などのタイトルで確認されている。

 ナレーターや拡大鏡などの機能がクラッシュしたり、アクションセンターに「接続」ボタンが表示されないというケースも報告されている。これは次のビルドで修正される予定。また、サインイン後に「WSClient.dll」のエラーが表示される場合は、コマンドプロンプトを管理者として起動し、「schtasks /delete /TN “¥Microsoft¥Windows¥WS¥WSRefreshBannedAppsListTask” /F」と入力すれば、回避できるようになる。


これでズバッと解決!

 Edgeブラウザの戻る/進むボタンに履歴メニューが追加されたが、その他に大きな機能拡張はなし。不具合はいくつも報告されている


 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART