このページの本文へ

うっかり振ってしまいがちな人は要チェック

iPhoneの「シェイクで取り消し」機能をオフにする

2016年01月28日 18時00分更新

文● つばさ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
いきなり出てくるたびに困っちゃう、という人もいたりして?

 こんにちは、つばさです。

 iPhoneは、本体を振ると入力内容を取り消せるように設定されていました。間違って入力したり、削除してしまったりしたときは、iPhoneを振れば取り消せるんです。

 でも、別にそんなつもりもないのに、本体が揺れるたびにダイアログが出てうっとうしい……と思っているなら、設定でオフにしちゃいましょう。

アプリ「設定」から、「一般」をタップ「アクセシビリティ」をタップします
「シェイクで取り消し」という項目があるのでタップして……オフにしちゃいます

 シェイクで取り消しは便利なシーンもあるのですが、使っていない人にとっては、電車など揺れる場所でiPhoneを触っていると「うーん」と思ってしまうかも。同じ手順でいつでもオンにできるので、ためしにオフにしてみるのもいいと思います。


■まとめて読みたい方はこちら
iPhoneとiPadで使える超便利Tips集

■つばさが紹介したiPhoneテクニックが動画になりました
iPhone使い方講座

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中