このページの本文へ

ラックスマン、リファレンス向けフォノイコ「E-250」を発表

2016年01月22日 22時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ラックスマンは1月22日、単品コンポとしてはコンパクトなフォノイコライザー「E-250」を発表した。2008年発売の「E-200」の後継製品。価格は12万8000円で、2月下旬の発売を予定している。

E-250
背面

 サイズは幅364×奥行き274 ×高さ81mmで、重量は4.3㎏。ほぼB4ファイルサイズのフットプリントとなる。入力系統はRCA2系統もつため、ロングアーム/ショートアームの両方を持つレコードプレーヤにも1台で対応できる。NF型回路を採用しており、MM/MCカートリッジに対応。カートリッジのに合わせて34kΩ、47kΩ、56kΩ、100kΩの負荷インピーダンス、0pF、100pF、220pF、320pFの負荷容量を選べる。これは真空管フォノイコのEQ-500に引き継いで搭載された機能だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART