このページの本文へ

アスキーストア’s セレクション ― 第221回

二酸化炭素濃度を数字とグラフで見える化できるグッズ

2016年01月26日 12時00分更新

文● アスキーストア

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「coxfox 二酸化炭素濃度トレンドモニター GDC-17」

 身近に存在するけれど、目に見えない二酸化炭素。閉めきった家の中やビニールハウスなどでは、人間の活動や植物の光合成によって知らぬ間に変化し、体に影響を及ぼします。そんな二酸化炭素濃度をモニターできるグッズをご紹介します。

ビニールハウスや温室でのCO2濃度の管理や、閉めきった部屋での換気の目安に

 「coxfox 二酸化炭素濃度トレンドモニター GDC-17」は、変化に気づきにくい二酸化炭素濃度を、数字をグラフで見える化できる製品です。CO2濃度を数字として表示するだけでなく、その変化をグラフで表示するのが特徴です。表示時間範囲を秒・分・時間・日で切り替えることができるため、CO2濃度推移を、短い期間で細かく表示することも、一週間程度の期間で広く表示することも可能。

O2濃度、温度、相対湿度の3種を測定し表示CO2濃度の適性レベルを通知する便利な監視機能搭載

 CO2濃度の適性レベルを通知する監視機能搭載し、人や植物の種類別に登録された適性レベルに基づき、CO2濃度の状態をPOOR・NORMAL・GOODの3段階で通知します。CO2濃度の適性レベルがあらかじめ設定されている植物には、豆、唐辛子、キュウリ、ぶどう、蘭、ポテト、イチゴ、トマトがあり、適性値を任意の数値に設定できるカスタムモードも搭載します。

 一般家庭用コンセントやUSB接続が可能なパソコンなどを電源として利用できます。またUSB接続端子のあるモバイルバッテリーを使えば、電源が確保できない場所での使用が可能になります。

 詳細なスペックはアスキーストアでチェックしてください。売り切れてしまったらごめんなさい。

coxfox 二酸化炭素濃度トレンドモニター GDC-17をアスキーストアで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事
お買い得情報