このページの本文へ

ネクストエンジン、越境EC向け多言語対応カートと連携

文●通販通信

2016年01月22日 02時40分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image Hamee(ハミィ)(株)は21日、ECバックヤード効率化システム「ネクストエンジン」と、越境EC向け多言語・多通貨対応カートシステム「ライブコマース」を連携した。

 「ライブコマース」は、独自ドメインで運用が可能な店舗を、日本語と同時に英語、簡体字・繁体字、韓国語、タイ語で運用できる「越境EC」用ASPカートシステム。管理画面は日本語のため、日本のEC事業者にはストレスの少ない運用が可能になる。国内・海外の在庫・受注の一元管理を実現する「ネクストエンジン」と、多言語・他通貨という越境ECの必要機能を備えた「ライブコマース」の連携により、アジア進出を希望するEC事業者が簡単に店舗を運営でき、効率的に在庫・受注管理ができるようになるという。。

 また、「多通貨表示対応」「為替自動更新機能」により、細かな設定なしで海外のエンドユーザーに現地通貨での決済が可能。決済方法は、世界で普及率の高いPayPalに対応しているため、トラブルのリスクが抑えられる。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く