このページの本文へ

ADATA「AHV620-3TU3-CBK」

中身のHDDは一体なに? 3TBのポータブルHDDがADATAから

2016年01月21日 22時48分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ADATAのUSB 3.0対応のポータブルHDD「DashDrive HV620」シリーズから、容量3TBモデル「AHV620-3TU3-CBK」が登場した。2.5インチサイズの3TB HDDはラインナップが限られるだけに、なかなか珍しい存在といえそうだ。

ADATAのUSB 3.0対応のポータブルHDD「DashDrive HV620」シリーズから登場した容量3TBモデル「AHV620-3TU3-CBK」

 「DashDrive HV620」シリーズは、持ち運びに配慮してエッジ部を高くした独自デザインの筺体を採用。設置時の傷や摩耗から表面を保護し、長期間美しい外観を維持できるという外付けHDD。本体サイズは115(W)×78(D)×21(H)mmで、インターフェースはUSB3.0。

 電源はUSBバスパワー駆動で、重量は約250gというスペックだ。価格は1万8800円(税抜)。ツクモパソコン本店やTSUKUMO eX.で今日から販売している。

 ちなみに、2.5インチHDDとしては最大容量となる3TBモデルの製品は、東芝「MQ03ABB300」が流通しているのみ。プラッター当たり750GBとなる高い記録密度を達成したモデルながら、厚みは15mmとなる製品だ。

 今回の「AHV620-3TU3-CBK」が採用するHDDは不明ながら、自作ユーザーなら中身が気になるところだろう。

インターフェースはUSB 3.0。電源はUSBバスパワー駆動で動作するので、持ち運びも便利

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中