このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」 ― 第74回

iPhoneから自由自在にテキストをコピー&ペースト! 「Clips」を徹底解説

2016年01月20日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Clips」を使えば、まとめてコピー、選んでペーストといった操作が手軽に行なえる

インストール後にウィジェットとキーボードの設定を行なう

 iPhoneで文字列や画像をコピーする際は、該当箇所を長押しして、メニューがポップアップしたら「コピー」をタップする。続いて、貼り付けたいところを長押しして、「ペースト」をタップする。複数の文字列をコピーする場合は、また、元の画面に戻ってコピー操作から繰り返すことになる。

 ブログや小説、長文メールを書く人で、この手の作業を面倒に感じているなら、クリップボード管理アプリを導入しよう。制限の厳しいiOSだが、アイディアをひねって便利なアプリがいくつか公開されている。中でもお勧めが、「Clips」だ。無料アプリで、アプリ内課金をすればフル機能が使えるようになる。とは言え、無料版でも十分便利なので、まずはインストールしてみよう。

 インストール後は、システムで利用できるように2つの設定を行なう。まずは、ウィジェットにコピーした内容を表示できるようにすること。次に、オリジナルのソフトウェアキーボードを有効にすることだ。

Clips - Copy and paste anywhere with widget and keyboard App
価格無料(アプリ内課金あり) 作者Clean Shaven Apps
バージョン1.6 ファイル容量16.0 MB
カテゴリーユーティリティ 評価(3.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 8.0以降
まずはアプリをインストール。最初はチュートリアルが表示される通知センターを開き、一番下の「編集」をタップ
「Clips」の「+」をタップして、ウィジェットに追加するキーボードの設定画面を開き、「新しいキーボードを追加」をタップする「Clips」を追加すれば準備完了だ

文字列と画像をコピーしまくる

 文字列や画像をコピーすると、クリップボードに保存されるのと同時に「Clips」にも記録される。連続してコピーすると、クリップボードは上書きされるが、「Clips」には追加記録されていく。無料版だと、最大5つまでの保存が可能だ。

 通知センターを開くと、追加したウィジェットにコピーした文字列や画像が一覧表示される。タップすると、任意のデータをコピーした状態になるので、ほかのアプリで自由に貼り付けられる。複数のデータをコピーする場合、アプリを行ったり来たりする必要がなく、大幅に手間が省ける。

文字列を長押ししてコピーするアプリを起動するとコピーした文字列が登録されている
通知センターを開くと、「Clips」のところに文字列が表示されているのがわかる連続してコピーしたり、画像をコピーすることも可能。任意の項目をタップすると、そのデータがクリップボードに保存されるほかのアプリに貼り付けると、通知センターで選んだ文字列が貼り付けられる

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART