このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信第14回

SIMフリー端末国内トップのファーウェイから登場!

SIMフリーのモバイルルーター「Mobile Wi-Fi E5383」とタブレットでネット環境を充実!

2016年01月27日 11時00分更新

文● 加藤肇、アスキー編集部 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SIMフリースマホやモバイルルーターなど、ファーウェイ製端末の魅力をお伝えしている「ファーウェイ通信」。今回は、SIMフリーのLTE Cat.6対応モバイルルーター「Mobile Wi-Fi E5383」を詳しくレビューする。それにプラスして、ルーターと組み合わせて使うと便利なタブレットについても紹介していこう。

今回は貴重なSIMフリーのモバイルルーター「Mobile Wi-Fi E5383」とタブレットの組み合わせについて見ていく

SIMフリースマホで国内トップシェアのファーウェイが
モバイルルーターのSIMフリーモデルをリリース

 このところ「HUAWEI P8max」「HUAWEI Mate S」などの注目モデルを立て続けにリリースし、SIMフリースマホのイメージが浸透しているファーウェイ。だが、モバイルルーターやタブレットでも、日本での販売台数はトップクラスだ。

ドコモMVNOの格安SIMとの組み合わせも◎な「Mobile Wi-Fi E5383」

 今回レビューするMobile Wi-Fi E5383は、軽量かつコンパクトなモバイルルーターだ。SIMフリーのため、いわゆる格安SIMとの組み合わせでオトクに運用できることも、本製品が話題になっている大きな理由だ。

APN設定は、主要MVNOのものが10種類プリセットされている

 スペック面を見ていくと、LTE Cat.6に対応している点がまず挙げられる。これによりハードウェア上は下り最大300Mbpsでの高速通信が可能だ。

 ドコモMVNOのSIMを用いた場合は、LTEでバンド1/3/19/21と4周波数に対応するため、都心部では高速通信、山間部では広いエリアと最大限活用できる。また、LAN側のWi-FiはIEEE802.11ac(5GHz)が利用可能で無線LAN機器が多数設置されている場所でも、他の機器と干渉しにくく安定した通信が可能である。

3000mAhの大容量バッテリーを内蔵。ユーザーによる交換も可能

 3000mAhというバッテリー容量も特徴だ。スペック値では連続待受時間が最長で約1200時間、また連続通信時間は最長で約13時間。実際に1日持ち歩いてタブレットやPCを接続してみたが、夕方に帰宅したときにもバッテリー残量は十分にあった。丸1日は外出先でのバッテリー切れを心配しなくて済むのは安心だ。

 また、省エネ設定も用意されている。端末側のディスプレーの明るさや画面点灯時間を調節できるほか、通信が一定時間ない場合には自動で省エネモードに切り替える設定も可能になっている。

ルーターの基本操作は端末単体でも可能

 角に丸みを持たせたコンパクトな本体は、重量約120gと軽量。サイズ感としては、ちょうど手のひらにすっぽりと収まる大きさ。表面がスベスベしているのが気になるが、スマホやタブレットと違って手にしたまま歩き回る場面は少ないため、落下の危険性は低いだろう。

スマホよりもコンパクトなサイズで丸みがあって持ちやすい

 本体に搭載されているディスプレーは2.4型。タッチ操作対応で、各種設定に加えて、接続中ユーザーやデータ通信量の確認などが行なえる。タッチ操作に対する反応も良好で、サクサクした操作感のためストレスを感じることはない。

カラー液晶はタッチでの操作も可能
通信量や接続端末の管理も端末単体で可能

 専用アプリ「HUAWEI HiLink(Mobile WiFi)」も用意されている。これを利用すれば、Mobile Wi-Fi E5383本体のバッテリー残量やデータ通信量、ネットワーク状態などをスマホやタブレットから確認可能なほか、QRコードをスキャンすることでMobile Wi-Fi E5383と簡単に接続することもできる(Android版のみ)。また、APN設定を新しく追加する際にもこのアプリを利用する。

専用スマホアプリからならさらに簡単に端末を操作できる

 Mobile Wi-Fi E5383は、公式オンラインストア「ファーウェイ Vモール」のほか、家電量販店やECサイトなどで発売中。本体色はグレー&シルバーのみ。市場想定価格は税抜1万9800円だ。

 LTE Cat.6&IEEE802.11ac対応で高速通信が可能なことに加え、3000mAhという大容量バッテリーによる安心感も兼ね備えたMobile Wi-Fi E5383。軽量かつコンパクトな本体は携帯性にも優れ、外出先でのネット接続環境をスマートに向上させてくれる。モバイルルーター+格安SIMの組み合わせ利用を検討中の人には、自信をもってオススメできる1台だ。

SIMカードのサイズはマイクロSIM。SIMスロットはバッテリーを外すと現われる。充電端子はmicroUSB
「Mobile Wi-Fi E5383」の主なスペック
サイズ 95×58×16.4mm
重量 約120g
ディスプレー 2.4型(タッチ対応)
最大通信速度 下り最大300Mbps(CA対応)
対応ネットワーク FD-LTE:バンド1/3/19/21
3G(W-CDMA):1/6/19
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
同時接続台数 最大10台
バッテリー容量 3000mAh
連続通信時間(LTE) 約13時間
SIM形状 microSIM
価格(税抜) 1万9800円

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事