このページの本文へ

ソニーが壁に密着できる家庭用の超短焦点プロジェクターを国内発売

2016年01月20日 11時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
壁に密着させても表示可能な超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」
壁に密着させても表示可能な超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」

 ソニーは1月20日、ポータブルタイプの超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」を国内で発売すると発表した。2月13日発売予定で、直販価格は9万9900円。 すでに国内外の展示会などで参考展示されていた製品だ。

最大80インチサイズでの投影も可能 最大80インチサイズでの投影も可能

 LSPX-P1は、本体を壁際(投影場所)に置いた状態で22インチサイズで投影可能。別売のフロアスタンドを使えば家具などがない場所でも設置できる。本体を壁から離せば最大80インチサイズで映像を投影可能だ。

本体は小型スピーカーほどの大きさ。サイドは革のような質感になっている

 幅81×奥行き131×高さ131mmという小型な本体も特徴で、重量は930g。液晶パネルは0.37型のSXRDを採用し、1366×768ドットで表示可能だ。

液晶デバイス「SXRD」を採用 液晶デバイス「SXRD」を採用

 コンパクトボディーながらバッテリーを内蔵しており、約2時間の単体駆動ができる。また、スピーカーも内蔵しており、これ1台で映像も音声も楽しめる。

 無線LANとBluetoothに対応しており、スマートフォンに専用アプリを導入することで、映像の送信やプロジェクターのコントロールが可能。ちなみにリモコンは付属しないため、プロジェクターの操作にはスマホが必須となる。

 また、「Bluetooth Low Energy」に対応しており、ペアリングしているスマホが近づくと自動で投影がはじまり、離れるとサスペンド状態に移行するというギミックも搭載する。

ワイヤレスHDMIユニット(右)が同梱 ワイヤレスHDMIユニット(右)が同梱
ワイヤレスHDMIユニットの背面。HDMI入力とパススルー出力を備える
ワイヤレスHDMIユニットの背面。HDMI入力とパススルー出力を備える

  なお、本体には映像入力端子はなく、再生機はワイヤレスHDMIで映像を送信する。ただし、本製品にはワイヤレスHDMIユニット(送信機)が付属しており、そちらにHDMI端子を搭載する。

このように机上に投影することも可能。大人数で地図を見る、といった用途に便利かも このように机上に投影することも可能。大人数で地図を見る、といった用途に便利かも

 LSPX-P1は「Life Space UX」という、同社の居住空間の向上を目的とするブランドで展開される。このため、室内に溶けこむデザインを採用するが、使い勝手の面でも普通のモバイルプロジェクターとは異なった機能が盛り込まれる。

 例えば、写真や動画だけでなくカレンダーや時計といった機能も表示が可能。本機を壁かけ時計やカレンダーの代わりとして使用できる。

時計を表示したり、写真を表示したり、日常生活で使えるプロジェクターだ

訂正とお詫び:初出時、一部情報に誤りがございました。(2016年01月20日)

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART