このページの本文へ

記者こぼれ話

スタバ特大フラペチーノ初体験 ベンティってどのくらい?

2016年01月15日 17時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「スタバの最大サイズってなんでしたっけ」

 隣の席にいる小嶋くんがそうつぶやいた。なんだっけな。調べてみると、スターバックスのサイズにはS・M・Lにあたる「ショート」「トール」「グランデ」に加えて「ベンティ」という特大サイズがあることがわかった。

 打ち合わせでスタバを使うときは、いつもラテのショートサイズを頼むわたし。トールサイズでも多いくらいだ。そういえば昔『スタバではグランデを買え』という本があった。著者はカフェイン中毒なのかと心配になったものだ。

 そんなわたしにとって「ベンティ」は未知の領域だ。ベンティとはイタリア語で「20」。20オンス、約590mlのことだ。500ml缶より大きなサイズのコーヒーとは何なのか。アメリカのソーダファウンテンを思い出す。

こういうやつ

 これもなにかの縁にちがいない。ベンティに挑戦しようと、近所のスタバに行ってきた。

 頼んだのはスターバックスの人気メニュー「フラペチーノ」だ。種類がわからないので「コーヒーフラペチーノ」にした。価格は540円。わりと高い。頼んだあとで「アッ寒い」と思ったのが、あとのまつりだ。仕方ない。

 店の奥から、ミキサーで氷をくだく派手な音が聞こえてくる。そしてカップを落として氷をならすときの「ドスッ」という音がした。カウンターごしに店員さんから手渡されたフラペチーノは、尋常ではないほど重かった。

 でかい。ベンティでかい。

でかい

 なんだかおもしろくなってしまい、スタバの前で自撮りをしてしまった。初めてスタバに来た地方の中学生のような写真が撮れた。

テンションが上がった

 編集部に持って帰ると「でかいっすね」「でかい」「マジでかい」とみんなが口をそろえる。巨大なものにはみな驚くのだ。アメリカ人はある意味正しい。重量を測ると約500グラムある。「重い! 重い!」と1人で笑った。

手に持つと重い
503グラムもある

 しばらく「あーでかい」と笑っていたが、これは飲みものだ。飲まなくては真価はわからない。一口吸う。おいしい。でも甘い。甘っ。脳天がしびれる甘さだ。なんとなく「致死量」という言葉が浮かんだ。それくらい甘い。

 量も多いのでなかなか減らない。半分ほど飲んだところで飽きるが、ベンティは机の上で圧倒的な存在感を放っている。溶けたらますます甘さが強くなる。氷が春の雪どけのようになったベンティを一気に飲みほした。

机上で存在感を放つベンティ
飲んでも減りそうにない(減ったが)

 結論。ベンティは多いが飲める。でも飽きる。あと甘い。

 なおカロリーはミルクタイプで340kcal、ドーナツ1個分ほど。まあ氷なのでそんなものだろうと思ったが、チョコレートクリームチップフラペチーノのベンティサイズは623kcalと書いてあって怖かった。

 しかしなにより楽しかった。540円でこれだけ楽しめるなら儲けものだ。大人は毎日なにかに挑戦してみるべきだ。次はハンバーガーなどを攻略してみたい。どこがいいだろうか。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART