このページの本文へ

sMedioと協業

SynologyのNASをメディアサーバーにするアプリ「sMedio DTCP Move」が登場

2016年01月14日 15時40分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 台湾Synologyは1月13日、「Synology NAS」をDTCP-IP/DTCP+対応のデジタルメディアサーバーとして使用できるようにするアプリ、「sMedio DTCP Move」を発表した。

 レコーダーなどの機器から録画したコンテンツの大容量NASなどへの移動、保存が可能。「sMedio TV Suite」などのクライアントアプリを使用すれば、PC、タブレット、スマートフォンでLANを経由しての視聴も可能。

 開発はsMedio。「Synology DiskStation DS215j」「DS115」「DS214play」「DS216play」「DS415play」に対応する。将来的には、Synology製の全NAS製品に対応する予定。Synology パッケージセンターより購入できる。価格は1000円。Android版はGoogle Playで購入でき、価格は900円。またリモートアクセス機能も近日中に月額120円のオプションとして用意する予定だ。

 同社営業部長のMike Chen氏は発売にあたって「日本のお客様が長く待ち望んでいた機能をようやく提供できることを非常に嬉しく思います。sMedioのDTCP-IPおよびDTCP+ ソリューションは、弊社の NAS 製品の柔軟性を高め、マルチメディア体験を向上させることを可能にします」とコメントしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART