このページの本文へ

人気PCケース「R5」を使ったモノクロのMOD PCが展示中

2016年01月13日 22時32分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MODアーティストの門馬ファビオ氏による改造PCがツクモパソコン本店で展示中だ。Fractal Design製の人気PCケース「Define R5」を使ったPCで、フロントパネルに“monochrome”の文字がデザインされている。

MODアーティストの門馬ファビオ氏による新作改造PCが登場。今回は“monochrome”がポイントのPCだ

 門馬ファビオ氏が手掛けたMOD PCといえば、昨年やはりツクモパソコン本店で展示された「初音ミク」バージョン(Thermaltake「Core P5」を使用)が記憶に新しいところ。さすがに完成度の高い「初音ミク」PCとして話題を集めたが、今回登場したのはロングセラーとなっている人気PCケースFractal Design「Define R5」をベースとしたモデルだ。

ホワイトとブラックで統一感のある内部。搭載時に見えやすいビデオカード裏面は鉄製のカバーが装着されている

 本体は“monochrome”というネーミングそのままに、ホワイトとブラックを基調としたシンプルなデザインに仕上がっているのが特長。白黒モノトーン配色がウリのMSI製マザーボード「Z170A KRAIT GAMING」やGeForce GTX 970搭載ビデオカード「GTX 970 4GD5T OC V1」を採用。水冷ユニットはFractal Designのオールインワン水冷キット「Kelvin」シリーズをベースにDIY水冷化したものが使用されていた。

 MOD PCの展示はしばらく行っているそうなので、細かい改造箇所など興味のある人は実際に見てみるといいだろう。

電源ユニット搭載部もカバーを追加。ケーブル類はホワイトとブラックにスリーブ化されている

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中