このページの本文へ

auの春商戦は学割で勝負、25歳まで毎月5GBをプレゼント!

2016年01月12日 16時45分更新

文● 南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
発表会にはauのCMキャラクターを演じる桐谷健太さん、有村架純さん、菜々緒さんが登場

 auは1月12日に新製品発表会を開催した。端末はAndroidケータイとタブレット1機種を含む4機種。発表会の目玉は、データ定額5GB以上のユーザーが25歳になるまで、データ容量を毎月5GBプレゼントする新たな学割。これにより、データ定額5GBの25歳以下のユーザーは合計10GB使える計算。学割+auスマートバリューを適用すると、データ定額料は月2590円。また、25歳以下のユーザーとその家族のデータ定額料を1年間毎月1000円割り引きする。

新学割では、データ定額5GB以上の25歳以下のユーザーは、25歳になるまで毎月5GBがプレゼントされるデータ定額量は家族も含めて1年間1000円割り引き
新学割を適用した際の月額料金

 発表会の冒頭にはKDDI代表取締役社長の田中孝司氏が登壇。auユーザーのスマホ浸透率を挙げつつ、浸透が少なかったジュニアおよびシニア層に新料金プランを投入するなどこれまでの取り組みを解説。調査の結果、データ容量を毎月8~15GB使いたいユーザーは10代で72.1%、20代で60%と非常にデータの需要が高いとして、今回の月5GBプレゼントの意図を説明した。中学1年生からのユーザーが25歳まで契約した場合、プレゼントされるデータ総量は780GBになる計算だ。

auの年代別スマートフォン浸透率年代別の月間データ転送量のニーズ
低データ意向者向けプランは後日発表学生が希望するデータ転送量
学生の利用データの平均学生の3人にひとりはデータ容量を超過しているという調査結果

 auは2000年から学割をスタートさせており、学割サービスは今年で15年目。月5GBが提供される学割は新規契約に加えて機種変更にも適用される。田中社長は「今年はヘロヘロになるまで値引いた」「auは学生を超応援している」と語る。

 あわせて発表されたのは、データチャージとau WALLETチャージのギフトカードを販売すること。当初はauショップで販売され、月5GBのデータ転送量でも足りない学生層への浸透を図る構え。また、au WALLETチャージカードは審査不要かつ発行手数料、年会費などが無料で使える利点を学生やジュニア層に訴求していく。

データチャージとau WALLETチャージのギフトカードを販売auスマートパス、ビデオパス、うたパスが一定期間無料になるキャンペーンも

 今回の新学割を契約したユーザーには「auスマートパス」と「ビデオパス」を2016年7月まで全額割り引き、「うたパス」を5月まで全額割り引きするキャンペーンも実施する。ビデオパスは2016年5月に「アニメパス」と一本化され、月額562円でビデオとアニメの見放題が楽しめる。

 今回、auオリジナルスマホ「Qua phone」など新端末4機種と「Xperia Z5」と「BASIO」の新カラバリが発表されたが、発表会のメインとなった新たな学割。総務省のケータイ料金引き下げの要請を受け、ソフトバンクが先行している月上限1GBの低価格定額プランに関して、田中社長は「カミングスーン」としており追従する構え。なお、今回の学割に関しては「今回は相当ガツンと行ったので、他社がなかなか追従するのは難しいのではないか。追従されたらまた考えたい」とコメントしている。

田中社長は「今年はドッカーン!と」と行きたいと意気込みを語った

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART