このページの本文へ

au春スマホ「AQUOS SERIE mini」はカメラと長時間駆動が◎

2016年01月12日 12時00分更新

文● 南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 auの春スマホ「AQUOS SERIE mini SHV33」は、2015年1月末発売モデル「SHV31」の後継モデル。シャープ製で端末おなじみのIGZO液晶は4.5型から4.7型に拡大し、120fps表示対応のハイスピードIGZOに進化。CPUはクアッドコアからヘキサコアとなった。

メインカラーは色鮮やかなスカーレット

片手でラクラク使えるコンパクトサイズに
2810mAhの大容量バッテリーを搭載

 片手操作しやすいコンパクト端末ながらバッテリーは2810mAhと余裕ある容量。1310万画素のメインカメラは光学式手ぶれ補正を搭載し、リコーの「GRシリーズ」に準拠した画質改善認証プログラム“GR certified”を取得。120万画素から500万画素と大幅に向上したインカメラは約83度という広角撮影が可能。周りの風景や複数の友人を収めて自撮りできる。

 撮影した秒間120フレームのフルHD解像度動画はハイスピードIGZO液晶でなめらかに表示可能。四隅の歪みがなく、くっきりとしたフォーカスとボケ感、自然な発色も魅力のひとつだ。

 周囲の変化を感知してユーザーに各種状況を音声プッシュする人工知能アシスタント「エモパー」は、画面をタップしてエモパーに話しかけてメモすると、ユーザーに合わせたタイミングでメモ内容をリマインドしてくれる。

 端末を持つだけで画面がオンになる“グリップマジック”も健在。手袋を外さず操作できるグローブモードや防水・防塵仕様により、アウトドアでアクティブに活用できる。また、カラバリに合わせた専用の小窓付きフリップカバー(4860円)はカバーを閉じた状態で時刻や着信などの情報表示のほか、音楽再生などを操作も可能。

サファイアとホワイト、ブラックも用意

 LTEとWiMAX 2+のダブルキャリアアグリゲーションに対応し、通信速度は下り最大225Mbps。無線LANは11ac対応で、おサイフやワンセグといった日常機能も搭載。発売は1月下旬を予定している。カラバリはスカーレット、ホワイト、サファイア、ブラックの4色。

小窓付きフリップカバー(4860円)は閉じた状態で時刻やニュースの見出しなどを確認できる
「AQUOS SERIE mini SHV33」の主なスペック
メーカー シャープ
ディスプレー 4.7型液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約66×126×8.9mm
重量 約120g
CPU Snapdragon 808(MSM8992)
1.8GHz×2+1.4GHz×4
(ヘキサコア)
内蔵メモリー 3GB
内蔵ストレージ 16GB
外部メモリー microSDXC(最大200GB)
OS Android 5.1
最大通信速度 下り最大225Mbps
キャリアアグリゲーション
WiMAX 2+ ○(CA対応)
VoLTE
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
テザリング ○(最大10台)
国際ローミング LTE/GSM/UMTS
カメラ画素数 リア:約1310万画素CMOS
/イン:約500万画素
バッテリー容量 2810mAh
FeliCa
NFC
ワンセグ ○(録画対応)
フルセグ ×
赤外線通信 ×
防水/防塵 ○/○
SIM形状 nanoSIM
連続待受時間(LTE) 約490時間
連続通話時間(LTE) 約1350分
カラバリ スカーレット、ホワイト、サファイア、ブラック
発売時期 1月下旬

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART