このページの本文へ

CES 2016レポート ― 第22回

ハイエンド機「D5」と同様の最新AFセンサーや画像処理エンジンを搭載しつつコンパクトに

ニコン、普及型一眼レフデジカメ「D500」発表

2016年01月06日 15時50分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ニコン D500

 ニコンは1月6日、普及クラスの一眼レフデジカメとしては最上位モデルとなる「ニコン D500」を発表した。3月発売予定。

 同時発表された「ニコン D5」と同様の新世代AFセンサーや画像処理エンジンを搭載しつつも撮像素子はニコンDXフォーマット(APS-Cサイズ)を採用することで価格やボディサイズを抑えた普及型モデル。ボディは炭素繊維複合材やマグネシウム合金を利用したモノコックボディを採用し、小型軽量となっている。

 撮像素子は23.5×15.7mmの2088万画素CMOSセンサー。常用感度はISO 100~51200で、ISO 1640000相当の増感も可能。4K UHD(3840×2160ドット/30fps)動画の撮影も可能。約10コマ/秒の高速連写は200枚のロスレス圧縮記録も可能。

液晶は上向き最大約90度から下向き最大約75度まで角度可変

 背面にはタッチ操作/チルト機構装備の3.2型液晶モニターを搭載。Bluetooth LEによるスマホと通信可能なほか、D5同様に無線LANワイヤレストランスミッターも利用可能。記録メディはXQD/SD/SDXCカード。

キットレンズには5倍標準ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」がセット

 本体サイズは約147×115×81mm、重量は約850g。ボディ単体に加え、5倍標準ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」が付属した標準キットも用意される。価格は単体、レンズキットともにオープンプライス。ヨドバシカメラではすでに予約を受け付けており、価格は34万200円。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART