このページの本文へ

すでに悪意のあるコードによる攻撃も確認

Adobe Flash Playerに脆弱性、早急なアップデートや最新版のインストールを

2016年01月04日 15時15分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
JPCERTコーディネーションセンターによる注意喚起

 一般社団法人JPCERTコーディネーションセンターは1月4日、Adobe Flash Playerの脆弱性に関する注意喚起を発表した。

 これは年末に発見された脆弱性「APSB16-01」についての情報。この脆弱性を利用することで、ウェブ閲覧でDoS攻撃や任意のコードを実行可能となる。アドビでは、すでにこの脆弱性を悪用した限定的な攻撃を確認したと報告している。

 対象となるのはDesktop Runtime版やGoogle Chrome版、Microsoft Edge and Internet Explorer 11版、Linux版など多くのAdobe Flash Player。最新バージョンでは修正されており、早急な最新版インストールまたはアップデートを推奨している(Adobe Flashのサイトでは現在利用中のバージョンを知ることができる)。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART