このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

スティーブ・ハリスとオンキヨー共同開発の“ロック・メタル向けヘッドフォン”

アイアン・メイデンファン垂涎のメタル向けヘッドフォン『ED-PH0N3S』の実力とは

2016年01月03日 10時00分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 世の中に「このジャンルを聴くならこれ!」という定番ヘッドフォンやイヤフォンは数あれど、メーカーが公式に「~向け」をうたう製品は意外と多くない。一方で、クラシックならクラシックだけ、ジャズならジャズだけなど、「ほとんど特定のジャンルしか聴かない」という音楽好き、実はけっこう多い気がするのである。

 「~向け」と言った時点で顧客の幅をある程度限定することにはなるが、購入する側としてはこんなに分かりやすいこともない。そんなユニークな製品がもっと増えてもいいのになあ、なんて漠然と思っていたところ、筆者の大好きなロックやヘヴィメタルへの最適化をうたうヘッドフォンがオンキヨー&パイオニアイノベーションズから登場した。それが『ED-PH0N3S』だ。

『ED-PH0N3S』。価格は3万9800円

 本製品は、世界的ヘヴィメタルバンド『アイアン・メイデン』のベーシスト兼共同プロデューサーであるスティーブ・ハリスが開発に関わったコラボレーションモデルとなる。「最近のヘッドフォンは高音域や低音域を強調するダンスミュージック向けの音を出す製品が多く、中音域の複雑なニュアンスが再現できていない」というスティーブの不満にオンキヨー側が応える形で、HR/HMのサウンドに最適な音質を追求しているのが大きな特徴だ。アイアン・メイデンファンならずとも気になる製品だろう。

密閉型のオーバーイヤーヘッドフォン
『エディ』および『MAIDEN AUDIO』のロゴをあしらった外観が特徴

 外観はブラック・ブルーのカラーに、アイアン・メイデンのマスコットキャラクターである『エディ』および『MAIDEN AUDIO』のロゴをあしらった、かなり尖り気味のデザイン。ケーブルには専用スリーブが装着されているなど、細部にこだわりが感じられるのは○。密閉型のため音漏れは少ないが、街中で装着していると人目を惹きまくることは間違いないだろう。一方で、デザイン性を高めている半面、実売4万円前後のヘッドフォンとしては高級感はそれほどでもない。

 装着するとけっこう側圧が強く、やや圧迫感を感じるのは好みが分かれそうだ。イヤーパッドはやや耳にかかる形で、感触は悪くない。ヘッドバンドはもっとも短くした状態でも筆者の頭より若干サイズが大きかったので、もう少し調整幅が欲しいところだ。

ケーブルにはデザインにマッチするブラック・ブルーカラーのスリーブが装着されている。プラグはステレオミニで、標準プラグのアダプターが付属

 内部的には「全音域を鳴らす」こと、とりわけクリアかつ臨場感のある中音域のニュアンスの再現にこだわり、専用設計の40mmチタニウムドライバー、従来より軽く、感度に優れるボイスコイル、デュアルチャンバー機構、銀メッキ端子などを採用する。周波数特性は10Hz~27kHz、インピーダンスは32Ω、感度は105dB、最大入力は800mW。プラグはステレオミニで、標準プラグアダプターが付属。ケーブル長は1.6mで、重量は245g(ケーブル含む)。

パッケージも非常に目立つ。背面のスティーブ・ハリスのサインがまぶしい

 スペック的に気になる点があるとすれば、再生周波数帯域が10Hz~27kHzと、ハイレゾ音源の再生にはやや不足している点だ。アイアン・メイデンのアルバムはハイレゾ音源配信サイト『e-onkyo music』で配信されているため、「これをED-PH0N3Sで聴きたい」という人も多いはず。楽曲にはすべてリマスタリングが施されており、当時の音源よりも遥かに優れたクオリティーで聴けることは間違いないのだが、ハイレゾの魅力が最大限発揮されるとは言いがたい。もちろんハイレゾに対応すれば価格帯が上がり、流石にマニアックなファンと言えども手を出しづらい領域に入ってしまうことは想像できるため、このあたりの割り切りは難しいところだ。

次ページでは気になる音質をチェック」)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART