このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 ― 第50回

ナンジャタウンの「餃子スタジアム」が酒飲みの穴場だった

2015年12月28日 19時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ごきげんよう、アスキーの食いしん坊記者、ナベコです。

 今回紹介するのは、池袋サンシャインシティにある『ナンジャタウン』の“餃子スタジアム”。

 『ナンジャタウン』は2016年で20周年というミレニアムイヤーを迎えます。アラサーの記者が子供の時に新しくできたので、「もうそんなに経ったのか」と感慨深いものがあります。

ナンジャタウン“餃子スタジアム” 。

 人気のひとつは、定番で開催している“餃子スタジアム”。各地から集った餃子の名店が出店する横丁なのですが、これを目当てにナンジャタウンに入場する人も少なくないそう。

 仕事終わりに餃子とビールでちょい飲み感覚でやってくるサラリーマンもいるとか……。

昭和の横丁のような雰囲気です。

 食のためだけに訪れる人がいるって、ナンジャタウン=ファミリーで訪れるアトラクション施設というイメージがあった私にとっては少し意外でした。

 ナンジャタウンの餃子の魅力とは何か? あらためて、ナンジャタウンの売れ筋の餃子を食べてきましたよ。

甘くて香ばしい「華興」の餃子や、まんまるの「丸満」餃子

 まず食べたのは、老舗東京餃子と称される『華興(かこう)』の華興餃子。西巣鴨に昭和23年から続く中華料理の名店が出店しています。

『華興(かこう)』の華興餃子。4個410円。

 カタチはどっぷりと大ぶり。ワンタンのような包み方をしています。

「この餃子は甘いですよ」

 お店の人からそんな前情報をきいて、「甘い餃子」ってどういうことだろうと思いました。が、食べて納得。甘いというか、コクがある。けして砂糖の甘さではなく、ご飯と一緒に食べたいような食欲がそそられる“甘さ”なのです。

 コクの秘密はどうやら“玉ねぎ”。豚肉、ニラという定番の素材のほかに、玉ねぎを使用しているから、野菜の甘さが出てくるんですね。

 大きいので、ひと口で食べられずに箸を入れると、肉汁がジュワー。たっぷりジューシーなのも特徴です。餃子であって、肉まんに近いような。なにこの餃子! とってもおいしい。

『丸満』の丸満餃子。4個490円。

 華興餃子ですでに衝撃を受けた上で、次に食べたのは茨城・古河で有名な『丸満』の丸満餃子。別名、まんまる餃子です。

 見た目からしてちょっと餃子じゃない。子供のゲンコツ大のくらいの大きさで、まるまるコロコロ。はじめの華興餃子を“肉まん”なんて表現しましたが、こちらはお饅頭のよう。本当に餃子なの?

丸満の餃子は本当にまんまる。

 生地は分厚くてモチモチ。本当に饅頭のように感じました。餡の味がまた特徴的。シナモンのような香りを感じるし、これが本格的な中華の味かしら? サイトを見ると、丸満餃子は20種類以上の素材を使用。野菜の味わいが凝縮されているんですね!

 一緒に取材に行ったちゅーやんが、「これはオカズじゃなくて主食ですよ!」とガツガツ食べていました。カタチからしておもしろいし、食感や味わいも全然違う。餃子の世界はやっぱり深いんですね。

 

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社