このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 ― 第148回

世界初の裏側にある狙い

「KORG DS-10」iPhone版にビンゴモード搭載、なぜなのか

2015年12月26日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
左から中島 啓氏(プロジェクト開発リーダー)、佐野 電磁氏(プロデューサー)、金森 与明氏(サウンドエンジニア)

 ニンテンドーDS用のシンセサイザーソフト「KORG DS-10」のiOS版がついに登場。単なる移植版ではなく、「ボイス・シンセサイザー」「アナログ・ドラム・マシン」などを追加した発展版だ。ソフトウェアシンセサイザーとしては世界で初めてミステリービンゴを内蔵している。って、なんだそれ!?

 そこは本文中で説明していくとして、この「iDS-10」はもちろんコルグ、そしてKORG DS-10のプロデューサーだった佐野 電磁さんのDETUNEによる共同開発だ。

 2008年に発売されたKORG DS-10は、ゲームマシン上で動作する、完璧なアナログモデリングシンセサイザーのソフトとして唯一無二の製品だった。特に、ニンテンドーDS本体の構造と、上下2画面を使ったインターフェースは、モチーフとなったMS-10の筐体デザインを彷彿とさせ、なんとも言えない風情を醸し出していた。

 その頃、コルグは初代KAOSSILATORの大ヒットや、Denkitribe氏のパフォーマンスで製造中止になるはずだったELECTRIBE・MXが復活するなど、YouTube以降の新しいデジタルムーブメントとシンクロして、その最先端を走り始めた時期だった。それから7年後。iPhone版が出る理由はなにか。話はそこからスタートする。

DSのボリューム感にiPhoneが最適

―― みなさん、ご無沙汰です。おっと、佐野さん、そのTシャツは!

佐野 いいでしょ、これ。これインクジェットなんで、シルクスクリーンでちゃんと作りたいんですよ。最終的には、ここにLEDが本当に入るという。

―― ぜひなにかの機会に売ってください。で、まず、なんでiPhoneアプリなんですか?

中島 持ち運べて、箱庭感があり、曲も作れるシンセとして、人気もすごくあった。それがDS-10だったと思うんですけど、iPhoneとはポータブル性に共通点がある。またDS-10には独特の世界観があり、それをいろんな音楽アプリが出ているiPhoneでも楽しめるようにというのが、一番やりたいと思っていたところです。

―― 以前、佐野さんは「DSはやり込む感じがあるけど、iPhoneのアプリは何度か触ってなるほどねで終わっちゃう」とおっしゃっていたんですが、そこはどうお考えですか?

中島 DS-10は相応に底が深いものの、なんでもアリのDAWというわけではない。限られた中だからこそできる曲もあると思います。そういうDSならではの楽しみ方を、iPhoneでも提供できればいいなと。

佐野 iPhoneとDSの感じは、あれは僕の勝手な思い込みなんですかね? DSは入り込む感じなんですが、iPhoneは触って、あ、ハイハイってとこありますよね。そこは悩まされましたよ、今回は特に。

―― コルグさん的には、今までシンセアプリといえばiPadだったんですが、前回の「ELECTRIBE」はiPhone版でした。iPhoneは画面も大きくなったし、もうiPadは見切ったとか?

中島 いえいえ、そんなことはないですけれども。iPhoneとiPadではユーザーの方が違うと思うんです。iPhoneしか持っていない方とか、ユーザー層も広いですし。DSのボリューム感に対しては、iPhoneのサイズがちょうどいいんじゃないかなと。

―― 確かに片手で使えるものじゃないと、DS-10っぽくないですよね。DSを使い慣れたせいか、iPhoneの平べったい画面を操作していても、画面の四隅に液晶画面の枠の感触を感じるんですよ。本当はないのに。

佐野 ははは! すごい話ですねえ。

―― ちょっと不思議な感覚ですね。よく見ると平べったい画面なので、ああやっぱりiPhoneなんだなと。マルチタッチで、2つ以上のノブを同時に操作できたり。ところでこの波形が出るのはDSN-12の影響ですか?

シンセのメイン画面には小さなオシロスコープが付いて、リアルタイムに波形の変化を確認できる

佐野 名残りですねえ。この画面も、さらっと作ってあるように見えて、すっごく大変だったんですよ。

金森 プロトタイピングの段階からここに落としこむのが大変でした。DSと違って、十字キーとかABスイッチとか画面外にボタンがないんですよ。

―― ああ、そういえば確かに。

金森 iPadなら画面に余裕があって好きにパーツが置けるんですが、画面を移動するためのページボタンとかRECボタンとか、最低限必要なものを配置していくと、パラメーターを少なくしないと、初めての人にとっては難しいものになってしまうんですよね。

「KORG iDS-10 for iPhone」は、iOS 8.4以降、ハードはiPhone 5s、iPod touch (第6世代)、iPad Air、iPad mini 2以降に対応(画像はiPad Air)。モノフォニックのアナログ・モデリング・シンセサイザー2基、それにモノフォニックのボイス・シンセサイザーとドラム・シンセサイザーという構成。アナログ・モデリング・シンセサイザーはオシロスコープ画面で波形を、ボイス・シンセサイザーでは3Dスペクトルアナライザーで倍音構成がチェックできる
アナログ・モデリング・シンセは、2VCO/1VCF/1EG/1VCA+エフェクトという構成。おなじみのパッチング画面も健在入力はスケールの設定で表示が変わるソフトウェアキーボードのほか、KAOSS PADでも可能。16ステップのシーケンサーを持ち、32パターン最大100シーンつないでソングを構成する

(次ページでは、「ビンゴモードの秘密」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART