このページの本文へ

獲るぞ二連覇!ベンツで挑む初音ミクGTプロジェクト8年目 ― 第12回

ミクGTプロジェクト、2016年のミクは勝利・不死鳥をイメージ

2015年12月23日 20時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真●グッドスマイルレーシング

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最強の布陣はそのままに、信頼性の高い
メルセデス・ベンツのニューマシンを投入!

 12月23日、グッドスマイルレーシングは毎年恒例となったSUPER GT 2016シーズンの参戦発表会を行なった。

前列左から安藝代表、米山氏、コヤマ氏、片山監督。後列左から谷口選手、片岡選手、河野エンジニア、大橋コミュニケーションディレクター

 とにかく様々なアクシデントに苦しめられた2015シーズン。ファンもチームスタッフも同じように歯がゆい1年となった。

 残念ながら2連覇は叶わず、王座を手放してしまう結果になったが、2016年は再び挑戦者として国内最高峰レースの頂点に挑む。

 チーム体制は昨年と同様。このメンバーでついに5年目を迎える。こんなに長い間、同じ体制を維持しているチームも珍しいかもしれない。エントラント代表に安藝貴範氏、チーム監督に片山右京氏。そしてレーシングミクが描かれたメルセデス・ベンツをドライブするのは谷口信輝選手と片岡龍也選手というチャンピオンコンビ。大橋逸夫氏はコミュニケーションディレクターを継続。チーフエンジニアは河野高男氏、メンテナンスはRSファインが担当する。

 そして参戦マシンだが、メルセデス・ベンツはかわらず、SLSの後継機である「メルセデス・ベンツ Mercedes-AMG GT3」を採用した。

 ガルウィングではなくなったが、ロングノーズショートデッキというレイアウトは変わらず。年明けには日本に上陸し、2月19日のGSRファン感謝デーでシェイクダウンも行なわれるという。日本におけるマシンの実力は未知数なだけに、注目が集まるだろう。

 そしてお待ちかねの「レーシングミク 2016 ver.」である。

来年のレーシングミクは不死鳥をイメージした赤!

 GSR忘年会の生放送で華々しく紹介された「レーシングミク 2016 ver.」。今年の夏に衣装アイデアを公募し、その中から選りすぐりの5人のアイデアがコヤマシゲト氏によりミックスされている。イラストは「米山 舞」氏によるもの。「キルラキル」や「ソードアート・オンライン」などで作画や原画、そしてこれから放送予定の「キズナーバー」ではキャラクターデザインを担当しているアニメーターだ。

 初音ミクGTプロジェクト全体のアートディレクターは「コヤマシゲト」氏が続投3年目! クリエイティブ面を一手に引き受ける。

 あとは気になるマシンデザインとレーシングミクサポーターズ(レースクイーン)だが、こちらは来年2月7日に開催されるワンダーフェスティバル内グッドスマイルカンパニーブースにて、お披露目される予定だ。

 来年もGOODSMILE RACING & TeamUKYOを応援しよう!

  2016年 参戦体制
チーム名 GOODSMILE RACING & TeamUKYO
エントラント代表 安藝貴範
(株式会社グッドスマイルカンパニー 代表)
監督 片山右京
ドライバー 谷口信輝
片岡龍也
チーフエンジニア 河野高男
メンテナンス RSファイン
コミュニケーション
ディレクター
大橋逸夫
チームマネージャー 竹沢友美
ゼッケン 4
参戦車両 メルセデス・ベンツ Mercedes-AMG GT3
車両名 グッドスマイル 初音ミク AMG
タイヤ YOKOHAMA
イラストレーター 米山 舞
アートディレクター コヤマシゲト

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社