このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ちょっと気になる! 小便利そうな周辺機器レビュー ― 第25回

写真の一時バックアップはポータブルSSDがいいかも……最大1TBのSSDを試す

2015年12月22日 12時00分更新

文● 織野至

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Transcend ESD400」シリーズのパッケージ
「Transcend ESD400」シリーズのパッケージ

 ポータブルストレージにはHDDとSSDがある。USBストレージやSDメモリーカード自体も持ち運べる保存領域なのでポータブルストレージに属するが、重要なデータの持ち運びや容量を考えると、多くは外付けHDDに着地することが多いだろう。

 ただ、HDDの問題としてはスピンドルなので衝撃や振動に対しての弱さがあるし、書込/読込速度の遅さがある。その場で大容量のファイルをさっさとバックアップしておきたいと考えた場合、速度面からSSDやUSBストレージになる。今回は「Transcend ESD400」シリーズをチェックしたい。

コンパクトながらも地味に忘れにくい大きさ

本体のカラーはブラック。SSDはスピンドルではないため、軽量なだけでなく、振動や衝撃への強さも魅力本体のカラーはブラック。SSDはスピンドルではないため、軽量なだけでなく、振動や衝撃への強さも魅力

 Transcend ESD400シリーズには、128GB/256GB/512GB/1TBの4種類があり、筐体は共通して幅92×奥行き62×高さ10.5mm、約56gになっている。実売価格は、128GBで1万円前後、256GBで1万5000円前後、512GBで3万円前後、1TBだと5万円前後となる。

 USBストレージの場合、小型すぎるため、うっかりなくすことが多いのだが、ESD400の場合はそこそこの大きさで忘れにくく、またシールなどを貼って目印をつけるといったこともやりやすい。

付属品はUSB 3.0ケーブルとポータブルケース、マニュアル付属品はUSB 3.0ケーブルとポータブルケース、マニュアル

 接続はUSB 3.0かUSB 2.0に対応。UBS 3.0は最大5Gbpsであるため、理論値で640MB/sと、データのやり取り用として問題ない。また本製品はUASP(USB Attached SCSI Protocol)にも対応しており、非対応が目立つUSBストレージに比べて大量の画像ファイルなどデータ転送面での強さがある。

本体側面に自動バックアップボタンとUSB 3.0がある
本体側面に自動バックアップボタンとmicroUSB 3.0端子がある

 使い方としては、とりあえず、PCに接続すればよく、その時点でストレージとして認識してくれる。

 また、本体には自動バックアップボタンがあり、ESD400シリーズに対応するアプリケーション「Transcend Elite」をインストールしている場合、ボタンひとつでバックアップを実行できる。

ユーティリティーソフト「Transcend Elite」。シンプルなので操作に迷う可能性は低い
ユーティリティーソフト「Transcend Elite」。シンプルなので操作に迷う可能性は低い

 後述しているが、特定のフォルダーのみバックアップするといった設定も可能なので、重要度の高いファイルを多重バックアップしたい場合にもいい。

ともあれ、このほどよいサイズがUSBストレージのような忘れやすさを消し去っているともあれ、このほどよいサイズがUSBストレージのような忘れやすさを消し去っている

(次ページに続く、「過不足ない性能、128GBか256GBが狙い目」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART