このページの本文へ

ちゅーやんの「寝ても覚めてもゲームまみれ」 ― 第55回

世界が待ち望んでいた続報がついに

MGSなどの小島秀夫氏率いる「コジマプロダクション」がSCEと契約締結を正式発表

2015年12月16日 18時30分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本日16日、ソニー・コンピュータエンタテインメントは世界的にも著名なゲームデザイナーである小島秀夫氏が新たに設立するスタジオ「コジマプロダクション」と契約を締結した。本スタジオ第一作目とPlayStation 4向けに独占タイトルとして制作することを合意した。

世界が気になっていた小島監督の今後

 「PlayStation Awards」や「The Game Awards 2015」では小島監督が手がけた「METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN」が多くの賞を受賞した。しかし、小島監督の姿はなかった。正直記事にするべきではない……と筆者も書くのをためらっていたが、世界中から小島監督の今後の動向が気にかけられていたのだ。詳しいことはニコニコ生放送を見るなり、ググるといろいろわかるハズだ。

 そしてこのニュースが舞い込んできたワケである。さらに、SCE 代表取締役 社長 兼 グローバルCEO アンドリュー・ハウス氏、そしてコジマプロダクション ゲームデザイナー 小島秀夫氏からのコメントも発表された。

「小島氏がもたらしてきた革新的なゲーム体験と魅力的な作品は『プレイステーション』の歴史にとって欠かせないものであり、独立後の第一作目を『プレイステーション』向けに制作いただけることを大変嬉しく思います。
今回のパートナーシップを通じて、小島氏と共に魅力的なタイトルの制作に携われることにとてもわくわくしています。」
SCE 代表取締役 社長 兼 グローバルCEO アンドリュー・ハウス

「この度、独立スタジオとして新たに挑戦をすることになりましたが、今まで共に歩んできた『プレイステーション』とあらためて今回パートナーを組めることを非常に嬉しく感じております。
『プレイステーション』と共に素晴らしいフランチャイズとなる作品を作っていきますので、是非ご期待ください。」
コジマプロダクション ゲームデザイナー 小島秀夫

 本当によかった。今後も小島監督には名作を世界中に生み出して欲しい。SCEは「PlayStation VR」も控えているので、VRでの展開もあるのではないかと個人的に期待している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社