このページの本文へ

膨大な量の非構造化データを格納できる「IBM Object Storage」

IBM、Bluemixでオブジェクトストレージのベータ無償提供を開始

2015年12月16日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米IBMは12月7日、新しいクラウドサービス「IBM Object Storage」を発表した。膨大な量の非構造化データを格納できるオブジェクトストレージサービス。同社のPaaS「IBM Bluemix」でベータ版の無償提供も開始している。

IBM Object Storageのサービスダッシュボード。ドラッグ&ドロップでファイルをアップロード/ダウンロードすることも可能

 IBM Object Storageは、画像やドキュメント、動画などの非構造化データを格納できるクラウドストレージ。開発者は、OpenStackのObject Storage(Swift)API、認証用のOpenStack Identity(Keystone)を利用することで、開発するアプリケーションから安全なAPIベースのデータアクセスが可能。

 管理用のサービスダッシュボードも提供されており、開発者はデスクトップからドラッグ&ドロップでオブジェクトをアップロード/ダウンロードすることもできる。

外部アプリケーション用のサービスクレデンシャル

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ