このページの本文へ

今すぐ始める!Steamの遊び方 ― 第12回

初心者のためのSteam入門 スクリーンショットや動画を投稿しよう

2015年12月14日 19時00分更新

文● 篠原修司 編集●ジサトラアキラ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 『Steam(スチーム)』には、プレイしているゲームのスクリーンショットを撮影する機能があります。撮影したスクリーンショットは、ゲームごとのコミュニティハブへと投稿できます。

 「面白いシーンが撮れた」、「すごいスコアーが出せた」、「画面がバグって変な表示になった」など、ちょっと人に見せたくなるような場面になったときは、スクリーンショットを撮影してみましょう。

 ボタンひとつでカンタンに撮影できるので、フレンドに見せるもよし、自分の記録として取っておくもよしです。

スクリーンショットの撮影方法

 Steamクライアントの“Steam”→“設定”→“ゲーム中”に、「スクリーンショット ショートカットキー」の項目があります。

プレイ中でも押しやすいキーが良い

 ゲームプレイ中にこの項目に登録されているキーを押すと、カシャッというシャッター音とともにその場面のスクリーンショットが撮影されます。

撮影時、通常は画面右下にこのミニウインドウがポップする

 スクリーンショット撮影時には、画面の右下や右上などに「スクリーンショット保存」と書かれたメッセージウインドウが表示されるため、それを見ればきちんと撮影できたかどうかが分かります。

多ボタンマウスを使えば撮り逃しをなくせる

 アクションゲームなど動きの激しいゲームでは、スクリーンショットを撮影しようとするたびにキーボードに手を伸ばしていては「決定的瞬間を撮り逃してしまう」ことがあります。

 そういったことを防ぎたいときは、ゲーミングマウスなどのボタンが多数あるマウスを使いましょう。マウスのサイドボタンなどにショートカットキーを設定しておけば、手元でカンタンに撮影できます。

スクリーンショットを投稿しよう

 スクリーンショットを撮影すると、そのゲームを終了したときにプレイ中に撮影したスクリーンショットのアップローダウインドウが表示されます。

撮ったスクリーンショットをアップロードできる

 ここからお気に入りの画像にコメントをつけて、アップロードしてみましょう。

 アップロードは『Facebook』アカウントにも共有できます。

 スクリーンショットをアップロードすると、アクティビティでそのスクリーンショットが見えるようになります。

フレンドにスクショを自慢できる

 また、スクリーンショットはそのゲームの“コミュニティハブ”→“スクリーンショット”にも投稿されます。アクティビティなどで「いいね!」を押されて人気が出ると、上位表示されるようになるのでほかのプレイヤーの目にも止まりやすくなります。

人気順上位はかなり見られる

YouTuberの動画も投稿できる!

 もしも撮影環境があり、PCゲームの実況プレイなどをYouTubeに投稿している場合は、そのYouTube動画もコミュニティハブへと投稿できます。

 “プロフィール(またはアクティビティ)”→“ムービー”をクリックすると、自分のYouTube動画をSteamで公開する画面になります。

 ここで「あなたのYouTube動画にアクセスする」をクリックし、自分のYouTubeアカウントとSteamアカウントをリンクさせましょう。

 無事にリンクできると、これまでYouTubeに投稿した動画がリストで表示されます。

コンシューマーゲームの動画には念のためにモザイク

 リストから追加したい動画を選び、「2.動画とゲームを関連付ける」からタイトルを探します。

基本的に全タイトルあります

 タイトルを選択後に「動画を追加」をクリックすると、そのゲームの“コミュニティハブ”→“ムービー”に動画を登録できます。

もちろんアクティビティからも見える

 ムービーは投稿する人が少ないため、上位に表示されることが多いです。フラグムービーや神プレイなど、自慢の動画を投稿しましょう。

ブロードキャストで動画を配信してみよう

 動画の撮影環境がない人は、Steamクライアントの機能を使ってライブ配信をするのも良いでしょう。Steamクライアントの“Steam”→“設定”→“ブロードキャスト”の公開設定を「視聴可能」にすると、ゲームのプレイ画面をほかのSteamユーザーが見られるようになります。

公開範囲は「誰でも」「フレンドのみ」「許可したフレンドのみ」から選べる

 ブロードキャストが有効になっていると、画面の右上に灰色の文字で「LIVE 0(0は視聴者数)」と表示されます。

視聴者がくると赤くなり、視聴人数が表示される。

 また、ほかの人のブロードキャストを見たい場合は、視聴したいゲームの“コミュニティハブ”→“ブロードキャスト”からチェックできます。

人気ゲームは配信が多い

まずはスクリーンショットから

 いきなり動画の投稿やライブ配信は難しいでしょうから、まずはスクリーンショットの撮影から始めてみましょう。ただボタンを押して撮り、それを投稿するだけです。

 自分の思い出にもなりますし、そこからフレンドとの交流が始まるので楽しいことだけは保証します。

【関連記事】:ASCII.jp:初心者のためのSteam入門 フレンド機能で新しいゲームと会える!|今すぐ始める!Steamの遊び方

 なお、撮影したスクリーンショットはPC内に保存されているため、ブログやホームページなどでも公開できます。撮ったスクショを使って、攻略サイトやプレイ日記などいろんなゲーマー向けコンテンツを発信してみてください。

■著者:篠原修司
・Steamのプロフィールページ:Steam コミュニティ :: KiDD
・Twitter:@digimaga

Steam入門記事まとめ
ジサトラ×アスキー Facebookページ
ジサトラにご意見募集中!

■関連サイト

Steam
Image from Amazon.co.jp
週刊アスキー 特別編集 ゲームに強いパソコンがわかる本 (アスキームック)

カテゴリートップへ

この連載の記事

facebook

お便り募集

入門記事まとめ

メンバー紹介

  • カクッチ

    カクッチ

    スプラッター・ホラー系FPSが大好物のドS系ボス。使用PCパーツは当然最上位

  • アキラ

    アキラ

    MOBAやRTSなどeスポーツタイトル好き。ミドルレンジのPCパーツで最適解を探る

  • つばさ

    つばさ

    ゲーム動画担当。CPUの端子を素手で触るという豪快さに一抹の不安が残る自作超初心者

  • イッペイ

    イッペイ

    大紅蓮丸や大風連丸などムチャな自作ならこの人。MMORPGはぼっちでがんばる

  • ハッチ

    ハッチ

    2次元を追求する“VRアダルティスト”。アーケードゲームにも造詣が深い

  • マツノ

    ショータ

    FF14やPSO2を現役でプレイし続けるMMORPG好き。控えめに見せかけて実は辛辣

  • キタムラ

    キタムラ

    日課はアキバのパトロール。自作パーツの掘り出しものを見つけるのが生きがい