このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 ― 第359回

届いてビックリ! 想像を超えた大きさの「iPad Pro」を衝動買い!

2015年12月09日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
最大サイズで高解像度の液晶を搭載した「iPad Pro」。何か別の使い方をしたい……
最大サイズで高解像度の液晶を搭載した「iPad Pro」。何か別の使い方をしたい……

 実は、iPadを買うのは今回で4回目だが、自宅で今も現役で活躍しているのは初代iPadだけだ。

 現在、自宅にある初代iPadは、ラジオ体操アプリ専用のプレイバック機器としてリビングの隅に常設してある。最近は少しサボり気味だが、一時は毎日最低一回は動作していた優秀なアプリでありハードウェアだった。

 そんなiPad無精な筆者が、SNS上の「iPad Proを買いました!」という書き込みを見ているうちに、ついつい衝動買いに走ってしまった。

 発売日の翌日に、寝床でiPhone 6 PlusのApple Storeアプリを介して見た時は、本体もペンシルもスマートキーボードもほぼ即日出荷で在庫があったのだが、ほんの数日忘れていたら、本体は1週間後、ペンシルもスマートキーボードも1ヵ月以上先でないと入手できないタイトな状況になってしまっていた。

 しかし、衝動買いのスタイルに、予約して来るまで1ヵ月以上待つ……などと言う流儀はない。欲しいとなると速攻で何とかしてしまうのが鉄則だ。

 結局、本体はApple Storeのウェブ販売で予約し、ペンシルは別のところで入手。スマートキーボードは純正を諦めてロジクールの「Create iPad Proキーボード」を即日入手し、めでたく1週間後には本体が届いて無事3点セットが揃った。

届いてビックリ、思った以上にデカかった!

従来の延長線上にあるけどメチャデッカイパッケージでデリバリーされてきた 従来の延長線上にあるけどメチャデッカイパッケージでデリバリーされてきた

 ところが、届いたiPadを見て驚いた。予想通り、過去に筆者が使ったことのあるどのスマホやタブレットより圧倒的にサイズが大きい。普段使いのモバイルPCである14インチ液晶の「ThinkPad X1 Carbon」とほぼ近い印象だ。やはり実際に手にした時のインパクトはなかなかだ。

最近のアップルの流行はApple Watchと同様のコードくるくる巻き…… 最近のアップルの流行はApple Watchと同様のコードくるくる巻き……
筆者宅にあったスマホ&タブレットをサイズ順に並べてみた。やはり大きなiPad Pro……iPhone 6 Plusが普通のiPhone以下のサイズに思えてしまう
筆者宅にあったスマホ&タブレットをサイズ順に並べてみた。やはり大きなiPad Pro……iPhone 6 Plusが普通のiPhone以下のサイズに思えてしまう
自宅に唯一現存する初代iPadは実測で691gだが、分厚くて量感がある iPad Proは実測で730g……均一に薄くて持ちやすいが、滑り落ちそうで怖い
自宅に唯一現存する初代iPadは実測で691gだが、分厚くて量感があるiPad Proは実測で730g……均一に薄くて持ちやすいが、滑り落ちそうで怖い
12.9インチのiPad Pro(左)は縦横比が異なるが、ほぼ「ThinkPad X1 Carbon」(14インチ)と同じくらいの画面面積だ
12.9インチのiPad Pro(左)は縦横比が異なるが、ほぼ「ThinkPad X1 Carbon」(14インチ)と同じくらいの画面面積だ
iPad Pro(左)は初代iPad (右)を圧延機で押しつぶしたような感じだ 筆者のiPhone 6 Plus(右)が普通サイズに見えてしまう。両方のデスクトップに並んでいるアプリをよく見てみたら、別にiPadを使う必要のなさそうな感じが(^_^;)
iPad Pro(左)は初代iPad (右)を圧延機で押しつぶしたような感じだ筆者のiPhone 6 Plus(右)が普通サイズに見えてしまう。両方のデスクトップに並んでいるアプリをよく見てみたら、別にiPadを使う必要のなさそうな感じが(^_^;)

 自宅にある唯一の初代iPadとも比べてみたが、重さはほぼ同じくらい(iPad Proの方が初代iPadより40gほど重い)のようだが、筆者的には大きなiPad Proの方が薄くて持ちやすかった。そして普段、周囲のiPhoneユーザからは、いつも大きいと言われているiPhone 6 Plusが普通のiPhoneより小さく見えてしまう。

今のところ、キーボードをBluetoothの代わりに接続するためのスマートコネクター 今のところ、キーボードをBluetoothの代わりに接続するためのスマートコネクター

 今回購入したiPad Proには側面に「スマートコネクター」と呼ばれる丸い端子が3つ列んでおり、キーボードなどをBluetoothのペアリングのお世話になることなく速攻で接続できるようだ。ペアリングなどというおまじないと、ワイアレス接続の不安感がまったくなく、これは便利だ。

iPad Proの一番いいところはきれいで緻密な液晶画面で電子版週アスがほぼ等身大で見られることかも iPad Proの一番いいところは、きれいで緻密な液晶画面で電子版週アスがほぼ等身大で見られることかも

 iPad Proが12.9インチの液晶を搭載して今までより一番良くなった点は、電子版の週刊アスキーを読む気になったことかもしれない。版的にはまだほんの少し小さいが、ほぼ等倍だ。あとは実際の雑誌の2倍ほどの重さに耐えられるかというところだけになりそうだ。

 今回、筆者が購入したiPad ProはSIMフリー版の最上位機種の128GBモデルだ。過去何度もiPadやMacbook、Apple Watchなどを購入しては他人に譲った経験から、アップル製品は最高位機種を買っておくことが、後々、機能的にも金銭的にも、投資対後始末・価格比がもっともいいと理解しているからだ。

(次ページに続く、「通信用SIMとキーボード、ケースを用意! 

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART