このページの本文へ

キャデラックとシボレーの全ラインナップにApple CarPlayを標準装備!

2015年12月08日 20時07分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

キャデラックのSUVからコルベット Z06まで
Apple CarPlayが2016年から標準装備

 アメリカンハイブランドの「キャデラック」、そしてアメリカンマッスルを擁する「シボレー」が、2016年の全ラインナップに、Apple CarPlayを標準装備するとGMジャパンが今日8日に発表した。これまで、日本でもオプション設定でApple CarPlayが搭載できることもあったが(例えばフェラーリなど)、標準装備は日本初とのこと。

 ゼネラルモーターズ・ジャパンの代表取締役社長 石井澄人氏は、Apple CarPlayを採用した経緯について「GMはこれまで、生活に必要とする最先端のテクノロジーをより多くのお客様に、より早くご提供してきた。iPhoneをはじめとするスマートフォンは生活に必要不可欠な存在。IT先進国であるアメリカのテクノロジーを日本のお客様にいち早くご提供できることを嬉しく思う」とコメントした。

ゼネラルモーターズ・ジャパン 代表取締役社長 石井澄人氏

 クルマとiPhoneはLightningケーブルで接続し、操作はタッチパネルをメインにSiriで行ない、通信はiPhoneの回線を利用する。今のところ、CarPlayで利用できるアプリは少ないが、今後、サードパーティーの参入次第とのことだ。メッセンジャーアプリが標準の「メッセージ」しかなく、LINEなどのSNSが広く利用されている日本ではちょっと厳しい。さらにマップアプリからナビを使う場合はiPhoneのGPSに依存するが、もともと搭載されているナビも利用できる。

 対応機種はLightningケーブルを使うため、iPhone 5以上のモデル。

ラグジュアリーセダンから、スーパースポーツモデルまで搭載
デモカーのキャデラック CTS

 iPhoneを利用していない場合は、キャデラックの車両は「CUE(キャデラック・ユーザー・エクスペリエンス)」、シボレーの車両は「シボレーMyLink」という名前の統合制御ナビゲーションシステムが用意される。

2016年のApple CarPlay標準搭載モデル

  • キャデラック ATSセダン
  • キャデラック ATSクーペ
  • キャデラック CTS
  • キャデラック ATS-V
  • キャデラック CTS-V
  • キャデラック エスカレード
  • シボレー キャプティバ
  • シボレー コルベットZ06
ステアリングにあるボタンを押しっぱなしにするとSiriが立ち上がる。マイクは車内(ルームミラー付近)のものを使う。簡単な作業なら声のみで操作できるので安全
音楽を聴いたり、マップアプリで行き先を調べることもできる

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社