このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

自作PCマニアが小型PC「LIVA Core」を魔改造! ― 第1回

手のひらにCore M! タフに使える小型PC「LIVA Core」を試す

2015年12月11日 11時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax) 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 手のひらサイズPCは、すっかり定着する存在となった。ZBOXやNUCといった先駆者だけでなく、LIVAのような強烈なインパクトを与えてくれたPCも登場と、CPUやGPUほどではないにしろ、ゆっくりとマイペースで進化を続けている。

 NUCはモバイル向けCPUを搭載、スティックPCやLIVAはAtom搭載といった流れだったが、ようやくCore M搭載の超小型PCがECSから登場したので、年末に合わせて楽しめそうな「LIVA Core」を3回に渡ってチェックしていく。第1回はフツーにチェックしていこう。

LIVA Core。手のひらにCore Mだ

かなりスタイリッシュになった
ボディーを愛でる

 LIVA CoreはM.2 2280/2242スロットに対応するSSDとOSを用意すればOKのベアボーンキットのひとつだ。スペックは次の通りで、オンボードCPUが「Core M-5Y10c」で、オンボードメモリーがDDR3Lの4GB。

 手のひらサイズ136(W)×84(D)×38(H)mm、重量約420gからすると、十分すぎるスペックだといえる。インターフェースにはギガビットイーサ×1、HDMI×2(HDMI 1.4a)、USB 3.0×4、microSDカードリーダー、マイク、ヘッドフォン端子。

 ワイヤレスはIEE 802.11ac、Bluetooht 4.0に対応する。入出力についてもコンパクトなボディに盛りだくさんだ。またMESAマウントにも対応しており、NUCなどと同じく、ディスプレーの後ろにセットして運用するといった用途も可能だ。

本体正面。電源ボタン、microSDカードスロット、USB 3.0×3本体背面。電源、USB 3.0×1、HDMI 1.4a×2、ギガビットイーサ、ヘッドフォンジャック
本体左側面、右側面。吸排気用のスリットがあるのみ。また左側面にはセキュリティーワイヤーロック用の穴がある
本体底面。スリットとネジが4つある電源を入れるとLIVAの文字が発光する

 マシンは完全ファンレスで、側面は金属パーツを採用して放熱性を高めている。天板はスケルトン仕様でCPUクーラーを視認できるようになっており、自作PC野郎の心を刺激してくれる。ともあれ、ほどよくズッシリで手のひらサイズと、持っていて楽しい作り込みだ。

(→次ページヘ続く 「まずはストレージの取付」)

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社