このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ちょっと気になる! 小便利そうな周辺機器レビュー ― 第21回

交換や多画面構成で便利! 目が疲れにくいブルーリダクション液晶ディスプレー

2015年11月24日 12時00分更新

文● 織野至

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アイ・オーデータ機器「LCD-MF244XB」
アイ・オーデータ機器「LCD-MF244XB」

 「4K」がなにかとキーワードになっているご時世だが、PCシーンの大半ではまだフルHDのパネルが基本であることが多い。

 もちろん、プライマリーとしての4Kパネルはとてもアリだが、価格と設置場所の問題から、いまだフルHDのパネルが主流であるといったに認識である人が多いだろう。

 またセカンダリーとして考えた場合、フルHDパネルはなにかと重宝するほか、ノートPCから出力するのもそうだし、デスクトップでの2画面体制は作業の効率化に直結する。

 アイ・オーデータ機器「LCD-MF244XB」(直売価格 2万4624円)は、価格と性能でちょうどいい存在のもので、今回はLCD-MF244XBをチェックしたいと思う。なお、本製品とほぼ同仕様(保証期間の違い)でアマゾンで販売されている「DIOS-MF241XB」(1万6980円)はかなり売れているモデルだ。

シンプルでクセがないフルHDディスプレー

 ディスプレーとは、目にするものなので派手な追加機能があると、そこでだいぶ個人差の影響が出てしまうが、LCD-MF244XBの場合は、スタンダードに徹しており、クセのある機能はないといえる。

 後述するが、人によってアリかナシかと感じるのは「ブルーライト低減機能」くらいだろう。

 サイズは上記しているように、23.6型。いま現在では標準的なサイズに属している。パネル仕様はTFT、アンチグレア。

 TFTと聞くと、発色の悪さをイメージしてしまうかもしれないが、いまではいい発色になっているほか、視野角についても上下160度、左右170度とIPSパネルに近いものとなっている。

 少し細かいスペックを見ると、最大輝度は300cd/㎡、コントラス比1000:1。このあたりも標準的なラインを満たしているため、価格からするとかなりお手頃だ。なお定番機能になりつつある、フリッカーレス仕様でもある。

本体背面。VESAマウントのネジ穴があるほか、排気はスリットの面積も広い本体背面。VESAマウントのネジ穴があるほか、排気はスリットの面積も広い
チルト角は上方向20度、下方向5度

 スイベルには非対応というか、スタンドを物理的に動かすことで対応しているが、チルト角は上方向20度、下方向5度。これも最小限をしっかりと押さえているため、設置に当たっての苦労は少ないと思われる。

背面の入力端子。最小限の構成だ 電源ケーブル、VGAケーブル、AUDIO用ケーブルが同梱されている
背面の入力端子。最小限の構成だ電源ケーブル、VGAケーブル、オーディオ用ケーブルが同梱されている

 インターフェースは、HDMI×1、DVI-D、VGAの3系統に加えて、ヘッドフォン端子とAUDIO INを備えている。

スピーカーは排気スリット内に用意されているスピーカーは排気スリット内に用意されている

 またスピーカーも搭載しているが、1W×2で、とりあえず付いていますレベルのものだ。この点はAV環境があるのであれば、そちらを優先したほうがいいだろう。

(次ページに続く、「目が疲れない!? 「ブルーリダクション」機能とは?」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】水着だらけのPCゲーミング大会

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART