このページの本文へ

ASCII STARTUP週末かわら版第1回

SLUSHは「若者がスタートアップかっけー!」となるのが目的のイベントだった

2015年11月22日 09時00分更新

文● 大江戸スタートアップ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 編集部でのこぼれ話を中心に、この先のスタートアップ関連の動きをおさらい! 記事にする必要のない余計な情報、ウラ話を中心にゆる~くお届けします。

00
フィンランドで行われたスタートアップイベント・SLUSH。

北島:大江戸スタートアップ編集部、唐突ですが座談会始めます!

盛田:おねがいしまーす。(げほげほ)

鈴木:眠くてつらいですが、よろしくです!

北島:まずはおさらいから。最近、イベント多かったですね。

鈴木:週末に福岡で行なわれた2つのスタートアップイベントの取材に行ってきました!

盛田:あ、2つもあったのですね。

北島:記事にもなってる(関連記事)けど、どんな感じでした?

鈴木:相変わらず、『痛すぽ』の内村さんが絶好調だった件!

盛田:結局うっちーが全部持ってっちゃう流れじゃないですか。

鈴木:パネルディスカッションでは、福岡の高島市長が登場するまで彼の独壇場でした。内村さんが発言するたびに、次の人が話しづらくなるくらいのキレっぷり。「クリスマスに抱き枕を抱いて寝る人のためのプロダクト。別の次元に行っている人をターゲットにしている」(内村さん)、しょっぱなこれです。

sakura
『痛すぽ』の内村さんは絶好調だったらしい。

盛田:別の次元……。

北島:内村さんは新しいアイデアを毎回我々に届けてくれますよね。

鈴木:今は大学で研究中の別のセンサーを魔改造して、新サービスを立ち上げる予定とのことです。エンタメ要素が強く、今の次元で生きる人にも楽しめそうな感じ。けど、内村さんのことだから、そっちは絶対やらないw

盛田:さすが未来を生きてる人は違うというか。うっちーはわかるけど、高島市長っておもしろい方なんですか? あんまわたしよく知らなくて。

鈴木:ついていきたいって思わせるリーダー型の人。もちろん”公務”はスタートアップだけじゃないけれど、コミット力が半端ないと感じました。「Startup Japan Tour 2015」翌日は、「明星和楽」というテクノロジーとエンターテインメントの祭典が福岡であったのだけれど、米国出張へ向かう経由地の成田空港から、スカイプでイベントに出演するとかふつうやらないじゃん!

盛田:機動力がものすごい公務員ですな。

北島:まとめると、スタートアップ関連の九州男児はキャラが濃いということで。

Startup Japan Tour 2015 in福岡
内村さんが作った空気を一変させた福岡市の高島宗一郎市長。

欧州最大のスタートアップイベント「SLUSH」を取材してきた

盛田:さてわたしです。フィンランドで、欧州最大のスタートアップイベント「SLUSH」を取材してきましたよ~。寒かった。夜0度だった。みんなダウン着てた。飛行機からオーロラ見えた。

鈴木:わたしも行きたかったSLUSHですが、盛田くんがうらやましい。何か別のお土産ももらって帰ってきてしまったのか、体調が不安ですが。

盛田:ウッ……それ言わないで……。

北島:編集部にあやしいお菓子のお土産ありましたね。

盛田:ラクリッツというリコリスのグミですね。編集部のみんなにも「えっゴム?」「タイヤ?」「ケーブルを切ってつめこんだもの?」と大好評でした。

北島:盛田さんがダウンしたのは、それが原因ではない……ですよね。

盛田:あながちないとも言いきれ……いや無関係です。フィンランドの名誉にかけて。ちなみに向こうで食べた「サルミアッキアイス」についてはこちらの記事で。

hell
フィンランド闇の名物サルミアッキアイス。

北島:さてさて肝心なSLUSHについて、改めて教えてください。

盛田:イベント全体としては超ド派手で楽しいけど、スタートアップそのものはわりと堅めで、全体的に「若者がスタートアップかっけー!」となるのが目的のイベントだったのかな、という感じ。

北島:実際に会場に来ているのは、おっさんばかりじゃなかったってこと?

盛田:そうそう、若い子がすごく多くて、むしろおっさん少数派。ステージもカルチャーというか……あんまり「儲けるぞー!ウォー!俺たちゃ上場ゴールじゃねえ!てっぺんめざすぜ!ピャー」みたいな感じがなくて、ほんとに「スタートアップフェスだ!」という感じが近いなあと感じましたわね。

北島:そういう気風、日本でも作りたい人は多そう。今行われている日本的なおっさんイベントも悪くはないんだけど、ビジネス的にある程度型が決まってきてますよね。

鈴木:日本でも今年開催された「SLUSH ASIA」は行きましたが、もう盛り上げ方とスケールが違うなとは感じてました。ピッチの間にライブが始まったり、会場の外ではずっとお酒飲んでいるしと。本場はもっと楽しかったんだろうなー。

盛田:そうそう、オープニングからして「テクノ!? EDMフェス!? なんかスタジアムきちゃったこれ!?」みたいなイメージだったりして、めちゃくちゃ楽しいことは確かだった。若い子たちにスタートアップに興味を持ってもらう、きっかけづくりにはあれが最高なんだろうな、と。

鈴木:よしっ、我々もスタートアップシーンを盛り上げるためにライブハウスでスタートアップピッチやろう。あれ、ライブハウス、うっ、もうすでにやった記憶が……。

 

hell
お土産のサルミアッキ。

来週注目のスタートアップイベントは?

北島:正直SLUSHほかいろいろイベントあって全く語り足りてないところですが、最後に来週のスタートアップ関連のイベント予定を見てみましょう。

鈴木:来週11月27日(金)は「スタートアップ博 2015」に参加してくる予定です。スタートアップをテーマとした展示交流イベントで、アプリ博をやられているTWEEさんの新しいイベントです。

北島:11月29日(日)には東京都主催のビジネスプランコンテスト「TOKYO STARTUP GATEWAY 2015決勝」がありますね。

盛田:来週モーニングピッチのシード・アーリーベンチャーなので起きられたら行きたい!

今週の一言
盛田:フィンランド帰りで風邪をひきました。死にたい。
ガチ:今週は寝ていないのでつらいです。いまもいまも眠くて、本当に帰りたい。
北島:関係者のみなさん、もろもろのイベントお疲れ様でした。

大江戸スタートアップ週末かわら版は、アスキーの盛田・鈴木・北島によるかなりゆるめな編集後記です。

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
ピックアップ