このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 ― 第356回

リビングPCの主導権を奪えるか!? 「Intel Compute Stick」を衝動買い!

2015年11月18日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
本家から登場したIntel Compute Stick。Intel insideロゴ欲しさに衝動買い
本家から登場した「Intel Compute Stick」。Intel insideロゴ欲しさに衝動買い

 筆者の極めて狭い周囲で、昨今の流行は“スティック型”の“超小型パソコン”だ。スティック型に拘らることなく、タバコの箱サイズの小型パソコンまで拡大解釈すれば、すでにIBMが10年以上昔に開発し、実用の域に達しているモノもあった。小さなパソコンは、レジェンド商品でエッジ商品ではない。

 ここ1年ほどのスティック型のパソコンの相次ぐ発表出荷は、ひとえに巷にHDMI入力端子を標準的に備えた薄型テレビや4Kテレビが普及したために、市場参入リスクが小さくなったからにほかならない。

 小さなパソコン登場の背景は、モバイル系の省電力CPUと大容量記憶メモリー、バッテリー技術の進化、そして安くて高速なネットワーク環境の整備だ。

 言い換えるなら、スティック型PCは現代のスマートフォンから表示装置である液晶画面と、充電池、キーボード機能を取り外しただけの“引き算設計”のミニマル機器だ。従来の表現に基づいて命名するなら、「HDMIドングルPC」が正しい名前だろう。

 10年くらい昔であれば、パソコンのディスプレーが設置された場所でしか活躍範囲のなかったスティック型PCだが、今はちょっとしたビジネスホテルの客室ならどこにでもあるHDMI入力端子付きテレビを活用してパソコンとして便利に使うことができる。

 本家インテルが発表した「Intel Compute Stick」(インテル コンピュート スティック)の発売は、この市場の拡大と認知を加速させることになりそうだ。

スマホのような小型パッケージに付属品てんこ盛り

スマホかと思うほど小さなパッケージで配送されてきたIntel Compute Stick スマホかと思うほど小さなパッケージで配送されてきたIntel Compute Stick

 筆者が発売後すぐにオーダーしたIntel Compute Stickはスマートフォンのようなコンパクトなパッケージに収まって出荷されてきた。

引き出し式のパッケージはまさにスマートフォンかと思ってしまう楽しさだ
引き出し式のパッケージはまさにスマートフォンかと思ってしまう楽しさだ
同梱製品。世界中のコンセントアダプターと取説関係を除外すればIntel Compute Stick本体と、USB/ACアダプター+ケーブル、HDMI延長ケーブルだけ 日本国内なら見慣れた2枚のブレード型。そのほかは将来の海外渡航のために保管だ
同梱製品。世界中のコンセントアダプターと取説関係を除外すればIntel Compute Stick本体と、USB/ACアダプター+ケーブル、HDMI延長ケーブルだけ日本国内なら見慣れた2枚のブレード型。そのほかは将来の海外渡航のために保管だ

 パッケージの中には、Intel Compute Stick本体と、専用のUSB/ACアダプター、日本をはじめ世界各国の壁面ACアウトレット対応の変換アダプターが5種類、USB給電ケーブル、HDMIコネクター延長ショートケーブル、安全のための小冊子と導入ガイド、McAfee AntiVirus Plusの1年間のライセンス証書が入っている。

 筆者の購入したモデルは、今年春頃からすでに発売されていた同じIntel Compute Stick本体にWindows 10(32bit)をプリロードしたモデルだ(BOXSTCK1A32WFCL)。

 基本的なスペックは従来製品と変化なく、CPUがAtom Z3735F(1.33GHz)、メインメモリーが2GB、ストレージが32GB。インターフェースはHDMI出力端子、microSDカードスロット、microUSB端子、USB端子を装備している。

小さくてもクーリングファン(右)付きでIntel insideロゴが嬉しい
小さくてもクーリングファン(右)付きでIntel insideロゴが嬉しい
筆者の「HDMIドングル三兄弟」。中央は今話題のAmazon Fire TV Stick 筆者の「HDMIドングル三兄弟」。中央は今話題のAmazon Fire TV Stick

 Intel Compute Stick本体は、サイズ的にはマウスコンピュータ製の同様のスティックPCより一回り大きく、昨今話題のAmazon FireTV Stickより2回りほど大きい。

(次ページに続く、「テレビのHDMIに直接差すのは難しいかも!?

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART