このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Apple Geeks ― 第169回

ツボを押さえた進化!! OS X El Capitanの『メモ』が便利!

2015年11月13日 11時00分更新

文● 海上忍(@u_shinobu)、編集●ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載「Apple Geeks」は、Apple製ハードウェア/ソフトウェア、またこれらの中核をなすOS X/iOSに関する解説を、余すことなくお贈りする連載です(連載目次はこちら)。

 UNIX使い向けを始め、Apple関連テクノロジー情報を知りつくしたいユーザーに役立つ情報を提供します。

ツボを押さえて進化した「メモ」

 残念ながら、OS XはMountain Lionのあたりから進化の速度が緩やかになったと言わざるをえない。事実上無償化されたこと、更新が年1回という速いペースに落ち着いたことと引き換えになっているため、デメリットばかりではないのだが、OSメジャーアップデートという言葉にかつての高揚感が伴わないことは確かだ。

 とはいえ、着実に機能強化は進められている。/bin/sbin/usr/binといったコマンドが置かれるディレクトリへの書き込みを基本的に禁止するなど、万能ユーザーのrootですらアクセス制限の対象とした「System Integrity Protection」(rootlessモード)は、常駐/監視型ツールに頼らずマルウェアを排除しようとするAppleのセキュリティ戦略を思えば理に適うものだ。UNIX系OS全体を見渡しても、先進的な取り組みといえるだろう。

 iOSとの融合も進む。「マップ」や「写真」といったiOSから持ち込まれた形のアプリもiOS版にあわせて進化し、2つのアプリケーションをフルスクリーン状態で並べて表示できる「Split View」もiOS 9と歩調をあわせる形で導入された。

 それら新機能の中でこれぞというものをひとつだけ挙げよと言われたら……筆者は「メモ」を選ぶ。手書きスケッチ機能がないというiOS版との決定的な違いはあるものの、画像などの添付ファイルだけをブラウズする機能、箇条書きにクリックで「〆」印をオン/オフできるチェックリスト作成機能は共通だ。一方ではCocoaベースならではのEmacsライクなキーバインドも健在と、しっかり「ツボ」を押さえている。

El Capitanにあわせてメジャーバージョンアップ、手書きスケッチこそ非対応なもののiOS版と同等の機能を備える「メモ」

 しかも、OS X/iOSの共有機能に対応しているので、他のアプリから迅速に情報を書き出すことができる。テキストエディタとして使うもよし、Webブラウジング中気になったサイトをメモ代わりに書き出すもよし、その応用範囲は広い。より高度な活用術を次項にいくつかピックアップしたので、参考にしてほしい。

簡単にチェックリストを作成でき、クリックだけで印を付けられる。もちろんiOS版とiCloudを通じ情報を共有できるブラウズ機能が追加され、手書きスケッチや写真、URLなどメモに添付された情報を一覧できる
Safariで閲覧中のWebページをメモに書き出すなど、共有機能で他のアプリケーションと連携することが活用のポイント

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中