このページの本文へ

サムスン、新型SSD「950 PRO」と「750 EVO」を11月下旬に発売

2015年11月13日 09時00分更新

文● 北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本サムスンは、NVMe M.2フォームファクターのSSD「SSD 950 PRO」シリーズ2機種ならびに、メインストリーム向け2.5インチSSD「SSD 750 EVO」1機種の日本国内発売を発表した。11月下旬より順次発売される。

日本サムスンが、11月下旬に日本で新型SSDを発売すると発表

NVMe対応の最新SSD
Samsung SSD 950 PRO

 Samsung SSD 950 PROは、サムスン電子が独自に開発したV-NANDとUBXコントローラーを搭載した、コンシューマ向けNVMe M.2フォームファクターのSSD。512GBと256GBの2モデルをラインナップしている。

NVMe M.2フォームファクターの「Samsung SSD 950 PRO」

 512GBモデルのシーケンシャルリードは2500MB/s、同ライトは1500MB/s、ランダムリードは30万IOPS、同ライトも11万IOPSを実現。

 急激な環境変化からSSDを保護するダイナミックサーマルガード、AES256ビット全領域暗号化によるセキュリティなどのドライブ保護機能も搭載している。

 店頭想定価格は512GBの「MZ-V5P512」が5万8000円、256GBの「MZ-V5P256」が3万4000円。

 なお、性能の詳細は、最新パーツ性能チェック第183回を参照してもらいたい。

2.5インチの廉価版
Samsung SSD 750 EVO

 Samsung SSD 750 EVOは、同社製NANDフラッシュとコントローラーを搭載したSSDメインストリームモデル。定評のパフォーマンス、省エネ性能、セキュリティーに加え、最長3年間の製品保証を実現した。容量は120GBのみ。

2.5インチSSDの「Samsung SSD 750 EVO」

 Samsung SSD 750 EVOでは、予備領域の一部を、超高速化バッファとして活用するターボライトテクノロジーを実装する。シーケンシャルリードは540MB/s、同ライトは520MB/s、ランダムリードは9万4000IOPS、同ライトは8万8000IOPSとなる。

 店頭想定価格は120GBの「MZ-750120B」が7800円。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中