このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

買い替えにも、1台目のマシンとしても最適

Oculus Rift DK2動作確認済み! VRが楽しめるノートPC「GALLERIA QSF980HGS」

2015年11月19日 18時00分更新

文● 貝塚 編集●太田/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Optimusに対応「させない」ことで
Oculus Rift DK2が利用可能に

Runtime V0.7.0.0と、SDK V0.7.0.0をインストールした場合。Runtimeのバージョンによっても設定が変わってくる。編集部の環境では、ディスプレーとして認識されたため、設定から向きを調整した

 VRヘッドマウントディスプレー「Oculus Rift DK2」をPCで使用する際に意外な障害となる技術がある。NVIDIAによる「Optimus」だ。

 コンテンツの求めるパフォーマンスに応じてGPUとCPU内蔵グラフィックスを自動的に切り替え、いずれもCPUからディスプレーに描画するため、GPUの切り替えを意識せずにゲームプレーなどができるという技術だが、どうもOculus Rift DK2とは相性が悪いらしく、強制終了してしまったり、ブルースクリーンになったりといった不具合がたびたび報告されていた。

Oculus Rift DK2

 ドスパラのゲーミングノートPC「GALLERIA QSF980HGS」はOptimusに非対応とすることで、Oculus Rift DK2の動作を担保している。

 代わりに、ビデオカード側でディスプレーのリフレッシュレートを制御し、ティアリングを抑制する「G-SYNC」に対応し、ビデオカードにもノートPC向けとしては最上位となる「GeForce GTX 980M」を搭載しているため、重いコンテンツもなめらかに描画してくれるのが魅力だ。

 そもそもOculus Rift DK2は開発者向けのキットなため、環境によってうまく動作しないことがたびたびあるらしいが、編集部では以下の環境でテストを実施。正常に作動することが確認できた。

  • GALLERIA QSF980HGS(Core i7-6700HQ、GeForce GTX 980M)
  • Windows 10 Home(64bit)
  • Oculus Runtime for Windows V0.8.0.0-beta
  • Oculus SDK for Windows V0.8.0.0-beta
  • NVIDIA Game Ready Driver 358.91
RuntimeからOculus Rift DK2が認識された状態。「Ready」と表示される。接続がうまくいかないと、赤い文字でエラーが出現する

 RuntimeやSDKはOculusの開発者向けサイトからダウンロードが可能。事前に解凍・インストールし、PCを再起動しておこう。

 通常、ここまで設定すれば作動するはずなのだが、編集部でテストした際は、トラッキングカメラ(本体の位置を把握するための赤外線カメラ)がうまく認識されなかったり、本体の接続が断続的に途切れ、「つながっていないので確認してください」という旨のメッセージがでてきたり、認識されるまでに時間がかかったり、認識されてもすぐに「接続が切れた」と言われたり、映ったり、映らなかったりと、なかなか安定しなかった。

 そこでGALLERIA QSF980HGS販売元のドスパラに確認してみたところ「NVIDIA Game Ready Driverをインストールしてみたら安定するはず!」との情報をいただけたので、早速NVIDIAのダウンロードサイトにアクセス。「NVIDIA Game Ready Driver 358.91」をインストールし、再起動するとあっけないほどすぐに認識され、問題なく動作した。PC側に正常に認識されると、Oculusのランプがオレンジから青に変わり、Runtimeからも正常に認識される様になるため、すぐにわかるはずだ。

PC側から認識され、接続されていることが確認できた
GTX 980Mのおかげで、映像は非常になめらか

 GeForce GTX 980Mを搭載しているだけあって、やはり描画は非常にスムース。頭をグルグル動かしてもなめらかについてきてくれるので、気分が悪くなることもなかった。Oculus が公開している推奨スペックはGTX 970/AMD 290、Core i5-4590、8GBメモリーとなっており、GTX 980M、Core i7-6700HQ、16GB メモリーを搭載する本機はOculus DK2を作動させられるパワーを持ったマシンと言えそうだ。

※編集部でOculus Rift DK2がPC側に認識され、正常に作動することを確認していますが、開発者キットという性質上、動作を保証するものではありません。
2015年11月26日:掲載時、Oculus Riftの推奨スペックに関する記述およびRuntimeのバージョン名に誤りがありました。修正してお詫びいたします。

前へ 1 2 3 次へ

ラインナップ
コンテンツ