このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第183回

NVMe対応「Samsung SSD 950 PRO」の512GBを計測

2015年11月11日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月に韓国ソウルで開催された「2015 Samsung SSD Global Summit」で発表されたSamsung初となるコンシューマー向けNVMe対応SSD「SSD 950 PRO」が11月上旬、ついに海外で販売スタート。

NVMe対応SSD「Sansung SSD 950 PRO」の512GBモデル「MZ-V5P512BW」

 最大データ転送速度はシーケンシャルリード2500MB/s、同ライト1500MB/sと、SATA SSDはもちろんのこと、NVMe SSDのIntel「SSD 750」や、Samsungの組み込み向け製品の「SM951」シリーズを超える速度を実現しているとあって、注目を集めている次世代SSDだ。

 国内発売時期のアナウンスは一向にないままだが、海外では11月から販売スタートしているので、そろそろだろう。

 筆者は10月下旬に、米Amazonで「SSD 950 PRO」の予約注文を見つけた瞬間に512GBモデルの「MZ-V5P512BW」を即注文。10月25日→29日→11月1日→3日と入荷予定日が変更になり、もしや不具合発生? と心配になったが、11月3日ついに米AmazonからDHLで出荷され、11月6日には手元に到着。

 さっそく、準備していた「X99」プラットフォームに取り付けて、そのパフォーマンスを計測してみたので、お送りしよう。

ねらい目は512GBモデル!

 「SSD 950 PRO」は、PCI Express3.0 x4インターフェースに対応するNVMe版M.2 SSD(Type 2280)で、容量256GBと512GBモデルをラインナップ。ともにコントローラーにトリプルコアプロセッサーのSamsung「UBX」を採用。NANDフラッシュメモリーに、Samsungの第2世代3D NAND「V-NAND」(MLC)、キャッシュに512MBのLP DDR3メモリーを搭載している。

 512GBモデル「MZ-V5P512BW」の最大データ転送速度はシーケンシャルリード2500MB/s、同ライト1500MB/sと爆速になっている。しかし、256GBモデル「MZ-V5P256BW」は、シーケンシャルリードこそ2200MB/sだが、同ライトは900MB/sと、もうひとつのSamsung製M.2 SSD「SM951」のNVMe版256GBモデルから、360MB/sもダウンしているので要注意だ。

 512GBモデルもシーケンシャルライトが同容量の「SM951」を下回っているが、差は50MB/sとわずかで、4KランダムライトのIOPSは、逆に向上している。

 この点を踏まえると、狙いどころは容量256GBなら「SM951」のNVMe版、容量512GBは「SSD 950 PRO」だろう。

 ただ、「SM951」は組み込み向けのため、バルク品扱い。多くの場合、保証はショップの初期不良のみになる。逆にコンシューマー向けとしてパッケージに入って販売される「SSD 950 PRO」は、メーカー(日本は国内代理店)の5年保証になっている。容量256GBを選ぶ際は、パフォーマンスか、保証かのどちらかを選ぶことになる点は忘れないでおこう。

 ちなみに「SSD 950 PRO」の日本での発売が始まると、「SM951」がショップ店頭から消え去る可能性があるので、今後の動向には注意が必要だ。

SM951シリーズ スペック表
型番 MZHPV
128HDGM
MZVPV
128HDGM
MZHPV
256HDGL
MZVPV
256HDGL
MZHPV
512HDGL
MZVPV
512HDGL
接続インターフェース AHCI NVMe AHCI NVMe AHCI NVMe
容量 128GB 128GB 256GB 256GB 512GB 512GB
NANDフラッシュタイプ MLC
シーケンシャルリード 2000MB/s 2000MB/s 2150MB/s 2150MB/s 2150MB/s 2150MB/s
シーケンシャルライト 600MMB/s 650MB/s 1200MB/s 1260MB/s 1500MB/s 1550MB/s
4Kランダムリード(QD32) 9万 IOPS 30万 IOPS 9万 IOPS 30万 IOPS 9万 IOPS 30万 IOPS
4Kランダムライト(QD32) 7万 IOPS 8万3000 IOPS 7万 IOPS 10万 IOPS 7万 IOPS 10万 IOPS
実売価格 - 1万6000円前後 2万5000円前後 2万5000円前後 - 5万円前後
1GBあたりの単価 - 125円 97.7円 97.7円 - 97.7円
SSD 950 PROシリーズ スペック表
型番 MZ-V5P256BW MZ-V5P512BW
接続インターフェース NVMe
容量 256GB 512GB
NANDフラッシュタイプ Samsung 第2世代V-NAND MLC
コントローラー Samsung UBX
シーケンシャルリード 2200MB/s 2500MB/s
シーケンシャルライト 900MB/s 1500MB/s
4Kランダムリード(QD32) 27万 IOPS 30万 IOPS
4Kランダムライト(QD32) 8万5000 IOPS 11万 IOPS
MTBF 150万時間 150万時間
TBW 200TBW 400TBW
製品保証 5年間 5年間
予想売価 2万7000円前後(199.99ドル*) 4万6000円前後(349.99ドル*)
1GBあたりの単価 105.5円 89.8円前後
米Amazonから購入した「SSD 950 PRO」の512GBモデル「MZ-V5P512BW」。従来のSamsung製SSDと同じく、パッケージに入っており、裏面には5年間保証の記載がある
筆者注文時の「MZ-V5P512BW」は349.99ドル。日本への配送料や消費税などを含めると、総額は397.95ドルで、クレジットカードカードの海外利用手数料込みで4万8890円の請求が来ていた

(→次ページヘ続く 「コントローラーとNANDフラッシュをチェック」)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中