このページの本文へ

CRYORIG「A40」、「A40 Ultimate」、「A80」

水冷ヘッドにファンを備える水冷クーラーがCRYORIGから

2015年11月04日 22時16分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 空冷タイプのハイエンドCPUクーラーでおなじみのCRYORIGから、同社初のオールインワン水冷クーラー「A」シリーズが登場した。5日(木)の発売開始を前に、ショップにはサンプル版が入荷している。

CRYORIG初のオールインワン水冷クーラー「A」シリーズ。ラジエーターの種類により3モデルがラインナップする

 COMPUTEX TAIPEI 2015で初披露となった「A」シリーズ最大の特徴は、水冷ヘッド部に70mmサイズの冷却ファン(回転数1500~3000rpm±10%/ノイズレベル15~27dBA/風量25CFM)を搭載するところ。これにより、水冷タイプのCPUクーラーでありがちなCPU周辺のエアーフローを改善。電圧レギュレーターやメモリー、隣接するビデオカードなど、熱のこもりやすCPU周辺部の冷却も可能とした。

 ファンは、差し込み方向によりアップとダウンの2方向へ調節可能。ダウンエアーではCPUを中心としたマザーボードエリアへのクーリングファンとして、アップエアーではビデオカード方向へのサーキュレーターファンとして効果を発揮するという。

最大の特徴は、水冷ヘッド部に70mmサイズの冷却ファンを搭載するところ。差し込み方向により、アップとダウンの2方向へ調節可能だ

 ラインナップは、全長272mm(240サイズ)/厚み25mmのラジエーターに120mmファン(回転数600~2200rpm/ノイズレベル13~37dBA)×2基を搭載する「A40」、同じく全長272mm(240サイズ)で厚みが38mmのラジエーターに120mmファン×2基を搭載する「A40 Ultimate」。

 さらに上位モデルとして全長311mm(280サイズ)のラジエーターに140mmファン(回転数600~1850rpm/ノイズレベル13~37dBA)×2基を搭載する「A80」の3モデルが用意される。

 対応プラットフォームは、LGA 2011(v3)/1366/115x、Socket FM1/FM2/AM2/AM2+/AM3/AM3+。

 価格は「A40」が1万8338円、「A40 Ultimate」と「A80」が2万498円。ツクモパソコン本店やBUY MORE秋葉原本店ではサンプル版も展示中だ。

温度センサーの比較。水冷ヘッド部の冷却ファンによる効果がハッキリと出ているのが分かる

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中