このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ちょっと気になる! 小便利そうな周辺機器レビュー ― 第18回

ストラップアクセサイズでシャッターも切れる大音量スピーカー「LBT-SPCB01AV1」が小便利!

2015年11月03日 12時00分更新

文● 織野至

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
エレコム「LBT-SPCB01AV1」
エレコム「LBT-SPCB01AV1」

 スマホやノートPCに搭載されているスピーカーは、AV性能を重視したモデルでもない限りは、それなりの音しか出ないものが多い。

 そういった背景もあり、USB DACやスピーカーが周辺機器としての注目を集めているが、出先やキッチンなど、一定以上の騒音値がある環境下で、ある程度の大きさで音楽を聴きたいときとなると、ちょうどいい製品はまだ少ない。

 バッテリー搭載するポータブルスピーカーでは大きすぎて持ち運びが億劫と考えた場合、今回紹介するエレコムの「LBT-SPCB01AV1」(実売価格 2600円前後)は、携行性に特化したポータブルスピーカーだといえる。

小型キューブ形状でおもちゃっぽいビジュアルだが……
スマホの約3倍の大音量を実現

本体上部に23mmのモノラルスピーカーを備える本体上部に23mmのモノラルスピーカーを備える

 LBT-SPCB01AV1のサイズは29.5×29.5×28.5mm、つまり約3cmのキューブ形状で重さは約20g。いわゆるストラップアクセサリーに似たサイズと重さだ。

 電源はバッテリーを内蔵しており、カタログスペックによると連続待受約20時間、連続音楽/通話時間は約1.5時間となっている。

 実際にバッテリー駆動時間を連続音楽再生の場合で3回実行してみたところ、約1時間20分前後になった。

本体底部にはマルチファンクションボタンとLED×2、マイクがある 本体裏面にはストラップホールとmicroUSB端子を搭載
本体底部にはマルチファンクションボタンとLED×2、マイクがある本体裏面にはストラップホールとmicroUSB端子を搭載

 コンパクトすぎるボディーなのでバッテリー駆動時間の短さは仕方ない部分だが、それでも1時間以上動作するのであれば、ちょっとスピーカーで鳴らしたいといったシーンは十分にクリアできる。充電はmicroUSBで行ない、ノートPCやモバイルバッテリーを充電器として使用できるため、電源問題の回避はしやすいだろう。

 なおカラバリは6種類用意されており、写真の場合はオレンジ×シアンになる。

 スピーカーや機能を見てみると、まずスピーカーは、直径23mm、2Wのモノラルスピーカーを搭載している。エレコムによると、従来のスマホよりも3倍の大音量を実現しているという。

 スマホのスピーカーで厳しいシーンは、室内であれば、キッチンで洗い物をしているときなどだが、そういった場合でもちゃんと音が聞こえるレベルだった。

 スマホよりも大音量であるのは確かだし、キャンプや行楽先でのちょっとしたスピーカーとしても実用性があるといえるだろう。

 また、マイク入力も備えているため、卓上での通話デバイスとしても活用できるほか、プレゼンやイベント時などでも活用できる可能性を秘めている。

付属品はストラップと充電ケーブル付属品はストラップと充電ケーブル

 付属品には、スマホのイヤホンジャックを利用するタイプのストラップと、充電用ケーブルがある。また後述しているが、電源ボタンに該当するマルチファンクションボタンで、いくつかの機能切り替えがあるため、マニュアルに目を通しておく必要性は高め。

(次ページに続く、「意外とわかりやすい音を出す 音量もなかなか大きい」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART